大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 今ラブラブでも危険!そのうち絶対に別れるカップルの会話7パタ...
2018年01月12日更新

今ラブラブでも危険!そのうち絶対に別れるカップルの会話7パターン

いつの間にかお互いが許せなくなって、そのまま別れへと突っ走る恋人たち。そんな恋愛をしている彼氏彼女の特徴は、会話にも現れています。はたしてどんな会話をするようになったら危険なのでしょうか?

かつてはラブラブだったのに、いつの間にかお互いが許せなくなって、そのまま別れへと突っ走る恋人たち。そんな恋愛をしている彼氏彼女の特徴は、会話にも現れています。はたしてどんな会話をするようになったら危険なのでしょうか?今回は「そのうち絶対に別れるカップルの会話」の紹介です。

【1】人格攻撃をする。

ケンカをしたときに、「あなたはだらしないから…」「性格がキツイから」「気が利かない人間は…」などと、徹底的に人格攻撃をするようになったら、もう、関係を修復することはできません。

ふたりでうまくやるには、お互いを尊重し合わなければならないのです。

相手の人格攻撃をする前に、自分は尊重してもらえる人間かどうか、もう一度、自分を見つめ直してみましょう。

【2】いつまでも過去のことを言う。

女性にありがちですが、文句を言うとき、「だって、○○のとき…」「覚えてる?○○のとき、私は…」といつまでも過去を持ち出す人がいます。

どんなに相手が反省しても、過去を変えることはできません。

過去をやり直したいと思ったら、別れるしかない。

相手に「別れて、過去も捨ててしまおう」と思わせないためにも、過去のことを言うのはタブーです。

【3】ふたりの間で両親や兄弟を攻撃する。

何か気に入らないことがあったとき、「お母さんにそっくりね」とか、「お兄さんもそうだけど」「兄弟そろって」など、肉親もまとめて攻撃してしまうカップルを見かけます。

「肉親を攻撃すると、心の奥深くを傷つけてしまう」ということを忘れてはいけません。

積もり積もると、絶対に許せなくなるものです。

肉親の悪口は言わないように気をつけましょう。

【4】ケンカをさける。

どんなに仲の良いふたりでも、ケンカをしないカップルはいません。

ケンカをした後、お互いの溝を埋めていくからこそ、理解も深まるというものです。ところが、中には「ケンカなんかめんどうくさい」と、どちらかが怒り始めると、適当にかわしてしまうカップルがいます。

ケンカもコミュニケーションのひとつ。

ケンカを避けるようになったら、危険な状態です。

【5】徹底的に攻撃する。

日常生活の中には、白黒つけない方が平和な場合もあります。

それなのに、何か問題が起こったとき、「誰のせいでそうなったのか」徹底的に議論するカップルがいるものです。

はたから見ると、まるで「どっちが悪いか、白黒つけてやろう!」と意気込んでいるみたいなふたり。

そうなると、お互い意地の張り合いで、許せることも許せなくなってしまいます。

「自分の非を認め、相手の非は許す」気持ちが大切です。

【6】ひと言多い。

「早くやってね」と言えばいいのに「ボーッとしてないで、早くやって」、「うまくできる?」と聞けばいいのに「こんなこともできないなんて、頭がおかしいいんじゃない?」など、ひと言多いカップル。

そんなときのひと言は、だいたい相手をケイベツする言葉です。

ケイベツのひと言が積み重なって、別れを切り出されないようにしましょう。

【7】趣味を否定する。

男性には、女性から見るとくだらないと思える趣味や収集癖があるものです。

それを「そんなくだらない物にお金を使って」とか、「そんなバカバカしいことやってないで」などと否定するカップルは、別れることが多いようです。

男性の中にある、無邪気な少年の心を理解してあげましょう。

相手を尊重することが、いつまでも仲良くするヒケツのようです。

【関連記事】

ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

恋する女性は誰もが気になる男性心理から人には聞きづらいセックスに関する話題まで。女性に素敵な恋愛をしてもらうための記事を提供します。loverecipe:https://love-mag.jp/
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 今ラブラブでも危険!そのうち絶対に別れるカップルの会話7パタ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。