大人女子のためのWebメディア
検索
2018年01月25日更新

【女子のばんそうこう】このセリフを言う男は、危ない。

「男子は言葉より態度に注目せよ」とはよく言われることですが、彼が口にした言葉からもちゃあんと本音や本質が見えるわけで…。とにかくこういうこと言う男子からは、逃げるが勝ち!

 

今回はタイトルの通りでございます。もちろん、世の中には例外の男性もいるでしょう。でも「高確率でヤバいテンプレート」であることは確かです。さあ早速見てみましょう。

「男は大昔からの狩猟本能があるからさ」

こんなことを今どき本気で言う男子がいるとしたらアホなのでそれ以上話を聞いてはいけません。そりゃ「自分が妊娠せず子種をばらまくことができる」という身体機能はありますが、不特定多数の異性とあれこれしたい欲求は男女関係ない。第一、そんな太古の本能が息づいてんならもっと最近の「日本民族の農耕本能」とか「侍だった頃の武士道」とかもアンタの中に鮮やかにあるのでは…?猪や鹿狩りに行くこともその肉をさばくこともゴキを殺すこともできないのに何が狩猟本能だ。「俺は浮気をしまくりたい」と言う方がよほど正直ですわ。

「今は彼女つくる気ないんだよね」

この結論には大抵「過去の恋愛でひどく痛手を負ったので…」という前段がついてたりします。女子は惚れた弱みで「そうなんだ…じゃあいつか彼の心がほぐれた時、隣にいられる女の子になろう」と思ったりしますが、これは翻訳すると「君を彼女にするつもりはないんだよね」です。ついでに「彼女にするつもりはないけどセフレならまあいいよ」だったりもするので、早めに逃げましょう。

「忙しいからしばらく連絡できない」

身体の関係ができたり、「私たちつきあってる…かも?」みたいな状態の時にこの言葉が出たら要注意です。彼はものすごく納得性の高い言い訳(「新しいプロジェクトが始まってろくに家に帰れない」など)をするかもしれませんが、これも翻訳すると「まめに連絡取ると都合が悪いからたまに俺から連絡するわ」または「君のことがちょっと面倒くさくなった」です。もしあなたに本当に惚れてるなら「連絡する時間」は魔法のように生まれます。また本当に激務の場合ならあなたに誤解されぬよう、一生懸命フォローの言葉を探すでしょう。というわけで、これも早めに「見込みなし」と悟るべし。

 

女子力や男ウケを推奨してくる

「女なんだから料理くらいした方がいい」「男を立てる女がいい」「〜しない方が男ウケがいいよ」とか言ってくる男子は価値観が古くさいのでやめておきましょう。家事は女子力ではなく人間力または生活力であって、もはや男女関係ありません。もちろん彼の好みの話であればそれは個人の自由です。そこに沿いたいかどうかはあなた次第。自分に合わない「いい女論」なら、スルーしましょう。

経験人数やセックステクをさりげなく誇る

3ケタ自慢とか「前にやった女がメロメロになった」とか、そういう自慢を会話に織り交ぜてくる人はお友達にとどめておきましょう。「付き合うつもりはないが一度お手合わせしてみたい」と思う貪欲な女子にも、このタイプはおすすめしません。なぜなら絶対にヘタクソだから…。人数を多くこなし過ぎている男子は1人1人の身体や嗜好と深く対峙してきていないため、思い込みでテクを駆使し、相手の女性も「めんどくさいからイイって言っとくか」となってる可能性が大。ちなみに私の友人のヤリチン君は19歳の時遊んだ女の子と29歳で再会し「今だから言うけど全然よくなかった」と告白され、「俺の10年間の自信は一体…」って絶望してました。

「お前って〜だよ」と決めつける

「お前ってこういう人間だろ?」「お前のこういうとこダメだよな」…正直、こういうこと言う男子はわりとモテたりします。オラオラしてていつでも自信にあふれてて…(ちなみに私はこのセリフがキムタクの声で再生されました)。それによってあなたが結果的に元気になったり何かが向上したりするなら、何の問題もなし。でも言われ続けることによって何となく「私ってダメなんだな…」としょんぼりすることが増えるなら、避けるべし。立派なモラハラ男になる恐れありです。

 

これらのセリフを実際に聞いたことのある女子は、私が言及していなくとも、聞いた時点でちょっとした違和感を感じたのではないでしょうか。そう、あなたのその違和感、正解だと思います。

 

Written by あゆみ

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。