大人女子のためのWebメディア
検索
2018年01月31日更新

時には見栄も大事と知ろう!【33歳片思い時代】

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、片思いとの付き合い方を伝授してくれる連載コラムです。今回は、見栄を張る大事さについてお話してくれました。

幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。片思いとの上手な付き合い方を書いているこのシリーズ、今回は、見栄を張る大事さについて書いていこうと思います。

女性の「いいな」は間違いが少ない

「片思いは成就する」と第一回で書きました。しかしそれには多少条件がありまして、「①自分と相手のタイミングが合っている」「②相手とエネルギー量が(ほぼ)同じ」でなければなりません。

このうちのタイミングとは、相手が恋をしたいタイミングかどうか、彼女がいないかどうかなどの不可抗力な問題です。そして②は、あなたにとって「適当な相手を選んでいるか」ということになるのですが、実は女性が心から「いいな」と思う相手は、だいたいその女性にとって適している相手なのですね。それが成就しないのは、大半はタイミングの問題ですが、②についても改めて考えるべき必要があります。

片思い相手はちょっと上か下

恋が成就するのには、女性と男性の「エネルギー量」がほぼ同じであるとスムーズとシリーズの第一回で書きました。「エネルギー量」というのは、わかりにくい表現で恐縮なのですが、生きていく上での熱量みたいなものですね。例えば学歴の高い男性と女性は話が合うので恋に落ちやすいですが、学歴が高くなくても芸術に秀でているとかなにかある異性とは惹かれ合う。または努力家の女性なら、ハイスペック男子と惹かれ合う…みたいなイメージが熱量の表すところだと考えてください。
で、ですねー、片思いになるのは、この量が男女で少しだけ違う場合です。少し上とか、少し下の相手に惹かれてしまった場合、その「差異」があるからスムーズにコトが運ばないのです。

努力こそが大事

とはいえ、片思いというのは、ステップアップのチャンスですから、自分と相手のエネルギーの差異を埋める「努力」をすればいいわけで、必ずしも最初から同じでなくてもいいのです。「埋めようと努力すること」自体が、エネルギーになりますから、努力を続けている限りは、両想いになれる熱量を得ていることになるのです。
例えば高学歴男性と見合う女性になろうとして、資格取得に励むとしましょう。すると、資格が取れなくても「勉強をしている」こと自体が魅力として加味されるので、努力を始めた時点でその女性の「熱量」はアップし、片思い相手と同等です。つまり努力する女性は魅力が増すので、努力しない時よりも絶対にモテるようになる。

止めたら魅力は減る

しかし逆に、努力の結果資格を取れたとしても、そこで自信を持てなかったり、資格に見合う自分でいる努力を放棄したらどうでしょう? 魅力は再度減ってゆき、熱量がダウンしてしまうでしょう。つまり人の魅力というのは、ある意味「自己申告」の面もあり、必ずしも「もの」や「人からの評価」として得たものでなくてもいいのです。要は、「自信がある」か「ない」かだから。なので、あなた自身が「これがある」「これをしている」と胸を張れるものがあるならば、中身は何でもいいのです。
結局、人の魅力とは自信が作っているもので、その自信とは本人が感じているかどうかによる(セクハラ、パワハラと同じですね)。そして「ない」と思いやすい人は、「努力をすること」で、「ある」と思うほうにシフトしやすくなるのですね。つまり、試験に受かる自信がなくても、「毎日これだけ勉強した」という事実があれば多少は自信を持つことができる…ようなイメージと思ってください。つまり、自信を持つための努力とは、自分のためのものなのです。

「同等ぶる」態度も大事

で、話は戻って、片思いをいかに成就させるかなのですが、努力をスタートするのはもちろん、好きな相手と「同等である」ようにふるまうのも大事です。見栄でもいいので、最初は「あなたと同じなのよ」というていで彼と接するようにするのです。内心では「こんな素敵な人だから」「私にはもったいない」と思うかもしれません。けれど、そんな関係認識では、片思いでは負けてしまう。それよりも「ゆくゆくは同じになるからお楽しみに」くらいの意識で「イイ女」ぶったほうがいい。なぜって、熱量は同じ同志がうまくいくというのはもちろん、「相手にときめきを与える」責務があなたにはあるからです。

ときめきを与える責務

よく「そのままの自分を見てほしい」という人がいますが、まずは「憧れてもらう」のが先です。あなたが男性に憧れたいように、男性だって憧れたいんです。ならば、見栄でもいいから、「私って素敵なのよ」と演じてあげましょう。それは彼のためでもありますし、未来のあなたを幸せにするためでもある。あなたは未来の自分を幸せにするために今日を生きると決めたことをいつでも思い出し、その責任をまっとうすべく、行動を決めていきましょう。
なお、熱量が「下」の相手であっても合わせる努力は必要です。その場合には、力を抜いて生きる努力をしてみましょう。

まとめ

●熱量の違いは「努力」で埋まる。
●努力は自分の自信のため。
●ときめいてもらうのも女子の務めと心得よう。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。