大人女子のためのWebメディア
検索

男性が別れた後に「愛したことを後悔する女性」5パターン

好きでつき合ったはずなのに、つき合いも長くなると相手の嫌な面が見えてきて、別れたあとには「愛したことを後悔する」ことさえあります。どの様な女性が対象になるのでしょうか。

好きでつき合ったはずなのに、つき合いも長くなると相手の嫌な面が見えてきて、別れたあとには「愛したことを後悔する」ことさえあります。男性から後悔されないために、今回は「男性が別れた後に『愛したことを後悔する女性』」を紹介します。

愛したことを後悔する女性【1】ワガママになった

つき合った頃はお互いを思いやっていたはずなのに、女性がだんだんワガママになり、自分の思い通りにならないと不機嫌になることがあります。

「かわいい」と笑っていられるうちはいいのですが、そのうち男性は「何でこんな女を愛してしまったのだろう」と後悔するようになるでしょう。

いつまでも愛してもらうためには、時々「ワガママを言っていないだろうか?」と反省する必要があるようです。

愛したことを後悔する女性【2】お金がかかる

女性は欲張りな生き物です。しかし、「美味しいレストランに行きたい」「これ買って!」「誕生日のプレゼントはブランドのバッグがいい」など、男性の収入を考えない要求をするようになると、男性はつき合っていることを後悔するようになります。もう少し小さな幸せを大切にしましょう。

愛したことを後悔する女性【3】自分の時間がなくなる

つき合うということは、今までにはなかったふたりの時間を作るということ。

しかし、あまりにも四六時中一緒にいるのでは、趣味を楽しんだり、男同士のつき合いなど、自分の時間がなくなってしまいます。気づくと仲間から孤立してしまっていることも。

それに気づいた瞬間、男性は愛したことを後悔するのです。お互いの時間も尊重し合いましょう。

愛したことを後悔する女性【4】ヤキモチが激しい

「今、そっちの女性を見ていたでしょう!」「このハンカチは誰からもらったの?」「昼食は女性も一緒だったんじゃない?」など、いちいちヤキモチをやく女性。

初めのうちは「俺のことを愛してくれている」と思えても、次第に苦しくなってくるものです。ヤキモチはほどほどがいいでしょう。

愛したことを後悔する女性【5】酒グセが悪い

だんだん素の自分が出るようになると、一緒にお酒を飲んでいても、遠慮がなくなります。

お酒を飲んでは同僚や上司の悪口を言ったり、絡んだり、飲み過ぎてリバースするなど、酒グセが悪い姿を見ると、男性は「何でこんな女性とつき合っているんだろう」と愛したことを後悔するようになります。「お酒は飲んでも飲まれるな」という言葉を忘れないように。

つきあい始めた頃の想いを忘れなければ、愛したことを後悔されないようです。

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

恋する女性は誰もが気になる男性心理から人には聞きづらいセックスに関する話題まで。女性に素敵な恋愛をしてもらうための記事を提供します。loverecipe:https://love-mag.jp/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。