大人女子のためのWebメディア
検索

友人を味方につけよう!噂話で相手をオトすテクニック

好きな人を振り向かせたい時に、あなた一人で頑張ろうとしていませんか? 実は、友人から自分の良い話を相手にしてもらうといういい方法があるのです。もし協力してくれる友人がいるなら是非お願いしてみましょう。今回は噂話が持つ影響力にスポットを当ててお話していきたいと思います。

異性を振り向かせたいと思った時や、どうしても仲良くなりたいと思う人がいる場合、自分でアプローチをすることももちろん大切ですが、それ以上に効果的なテクニックがあります。

それは友人から自分の良い話を相手にしてもらうというもの。

一人ではできないテクニックですが、もし協力してくれる友人がいるなら是非お願いしてみましょう。今回は噂話が持つ影響力にスポットを当ててお話していきたいと思います。

噂話が持つ魔法の力

あなたは噂話をしたことがありますか?きっと噂話をしたことが無い人はいないと思います。

噂話といっても悪口などに限らず、「あそこのお店は美味しいらしいよ」とか「○○さんって本当に優しいよね」というのも噂話です。

噂話というのはとても強い影響力を持っています。

例えば悪い噂が立っている人は、実際に話したことがなくても「あんなこと言われてしまうということは何かしら問題のある人なのかも」と感じたり、「あそこのお店は美味しいよ」という情報を聞けばそのお店の店主が自分で宣伝しているのを聞くよりも何倍も良いイメージを持つと思います。

口コミサイトが最近になって注目されていることも噂話の効力を示す良い例ですね。

 

「本人より第三者から聞いた情報の方が影響力が大きく、信頼性があると感じられる」

 

これは心理学ではウィンザー効果と呼ばれるもので、このウィンザー効果を上手く使えばきっとあなたの恋も一歩前進するはず。もしあなたに協力してくれる友人がいるのなら、気になるあの人に一言「○○の存在にいつも助けられてるんだ」とか「社内で性格が良い人って言ったら○○かなあ」というように自分の良いところを伝えてもらえるよう頼んでみましょう。上手く相手の耳に入れば「○○さんって良い子なんだな」という印象を持ってもらえます。なかなか自分の良いところを相手に伝えるのって難しいですし、自分の行動で示すしかないから時間がかかってしまいます。意中の相手との接点が少ない人ほどこのテクニックを上手く使ってみると良いでしょう。

友達を使って好感度をあげよう!

友人を使って好感度を上げようってなんだか卑怯な気もするかもしれませんが、そんなことありません。

あることない事でっち上げて伝えてもらうのはさすがに気が引けますが、自分のちょっといいところを伝えてもらうくらいなら全然アリだと思いますし、チャンスは多い方が絶対良い。もし協力してくれる友人がいるなら、是非このウィンザー効果を使って好感度アップを狙ってみませんか?


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。