大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「気持ちが重すぎる…」気になる彼にうざいと思われない方法
2018年02月13日更新

「気持ちが重すぎる…」気になる彼にうざいと思われない方法

彼への気持ちが抑えきれずに、”好き好きアピール”をしすぎてしまう女性は多いもの。 でもそれが逆効果となり、彼に『重い…』と思われてしまうこともあるんです。 適度に好意を表すにはどのように接すれば良いのでしょうか。 そもそも、男性が女性に対して『重い女』だと感じるのはどんな時? 上手なバランスの取り方をご紹介します。

男性と比べて、女性は好きな相手に対してどうしても気持ちを前に出してしまいがちです。

彼への気持ちが抑えきれずに、相手の状況を考えずに“好き好きアピール”をし過ぎてしまうと、『重い…』と思われてしまうんですね。

それでは、適度に好意を表すにはどのように接すれば良いのでしょうか。

なぜ『重い…』と思われるのか

そもそも、男性が女性に対して『重い女』だと感じるのはどのようなときなのでしょうか。

それは、好きの度合いが “男性<女性” だった場合に、女性側の好意を男性に押し付けてしまったときです。

好きの度合いが同じくらいなら、男性も受け止めてくれるかもしれませんが、男性の気持ちを確かめる前にグイグイ攻めていってしまうのは、あまりオススメ出来ません。

やはり恋には、押したり引いたりの駆け引きがとても重要ですよね。

『重い…』と思われない好意の向け方

好意の表し方は人それぞれ。言葉に出して言う人もいれば、態度で表す人もいます。

どちらにしても、彼に好意を見せるときは、気持ちを押し付けすぎないよう、控えめにしましょう。

人は、その人を好きになればなるほど、自分の気持ちを伝えたくなります。

『わたしはこんなにあなたのことが好き』と伝えたい気持ちはよく分かります。ですが、それはあなたの自己満足になってしまうのです。

例えばあなたが『彼になにかしてあげたい。役に立ちたい。』と思うのなら、押し付けるのではなく、サラリとやってあげましょう。

ポイントは、他の人にはしないことをさりげなく彼にしてあげることです。

好意はメインではなく、スパイスにした方が、彼をキュンとさせることが出来ますよ!

まずは彼に嫌われないことが大前提。上手な駆け引きを学びましょう。

“干渉”するのではなく、“興味”を持つ

同じようで違う“干渉”と“興味”。

彼の行動に対していちいち『今日はなにするの?』などと干渉してしまうと、彼はどんどんあなたと距離を取ってしまいます。

『今日わたしは〇〇をするよ。△△くんはこういうの好き?』など、彼の好きなことに興味を持つと、彼も『俺のこと知ろうとしてくれるんだな』とプラスのイメージで捉えてくれますよ。

だんだん2人の仲も縮まり、『もう少しで付き合えるかも』と思っても油断は禁物。

少し彼女っぽい発言をしただけで『彼女ヅラするな』と思われてしまうかもしれません。

きちんと付き合えるまでは彼女らしい発言は控えた方が良さそうです。

彼のことが好きすぎて…

あまりに彼のことが好きすぎて、

 

・SNSでの彼の友人関係を調べまくってしまう

・彼の住所を知り、家の前まで行ってしまった

・ぬいぐるみに好きな彼の名前を付けた など

 

ストーカーまがいの行動を取ってしまうという女性は意外と多いようです。

 

『バレなければ…』という気持ちがあるのかもしれませんが、もし何かのきっかけでそれがバレてしまったら…。

想像するだけで恐ろしいですよね。彼を好きな気持ちだけで行動するのはかなり危険。

それなら、彼と一緒にいる妄想をするなど、あなたの中だけで留まるような想い方をしていた方が安全です。

気持ちが先走り過ぎて暴走しないよう、気を付けましょうね。

 

 

相手のことを『重い』と感じるのには人それぞれ違いがありますが、自分の感情を相手に押し付けないようにだけ心掛けていれば、やり過ぎてしまうということにはならないのではないでしょうか。

彼のことを強く想えば想うだけ、暴走してしまう可能性があるということを頭に入れ、理性を保って接するようにしましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「気持ちが重すぎる…」気になる彼にうざいと思われない方法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。