大人女子のためのWebメディア
検索
2018年02月15日更新

好きな人を諦めたいときの「心の整理」3つ

失恋をして「もう十分頑張ったし、この恋を終わらせたい」そう思ったときは、もう一度自分の心と向き合って未練を残さないようにしましょう。好きな人を諦めたいときに有効な「心の整理」についてご紹介します。

失恋したとき、復縁を目指す道もありますが、諦めることもひとつの区切りになります。もう十分がんばった、この恋を終わらせたい。そう思ったときは、もう一度自分の心と向き合って未練を残さないようにしましょう。ここでは、好きな人を諦めたいときに有効な「心の整理」についてご紹介します。

1.現実を受け止めているか

好きな人に振られてしまったり、よりを戻すことができなかったり。それは、自分を受け入れてもらえなかったという現実を目の当たりにすることになります。

ですが、恋愛は相手の事情も無視できません。あなたが悪いのではなく、たまたま今回は上手くいかなかった、というのが真実です。

ひとりである現実は、これから先新しい誰かに出会える可能性があることを忘れてはいけません。

2.これからのことを考えられるか

失恋すると、つい過去のことに目が向いてしまいがちです。ですが、後悔することばかりであっても時間は戻りません。それよりも、諦めると決めたなら未来について考える余裕を取り戻しましょう。

仕事や趣味など、今後の自分について改めて考えてみることは、過去に決着をつけるためにも必要です。これからしたいことを見つけてみるのも、気持ちの切り替えには有効ですね。

3.自分を愛しているか

何よりも、今の自分を愛することに集中しましょう。「彼に受け入れてもらえなかったから、自分はダメなのかもしれない」と思うのではなく、受け入れてもらうためにがんばった自分を認めてあげることが大切です。

自分の価値は自分で決めること。今の自分で十分愛されるんだと自信を持って、前を向く勇気を持ちたいですね。

 

失恋は好きな人を失うだけでなく、自分のことにまで自信を持てなくなりますよね。ですが、諦めようと決意すること自体、前を向こうとしている証拠です。

無理に吹っ切るのでは未練が残ります。改めて心の整理をつけるのは、今の自分を見直すこと。過去を振り返らず、これからの人生を楽しめる可能性をもう一度考えてみてくださいね。

 

Written by ひろた かおり


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

37歳で出産、1児のママとして奮闘中の恋愛コラムライター。恋愛相談家として男性心理なども勉強中です。「自分の幸せは自分で決める」がモットー。器用な恋なんて要らない、芯から愛情を楽しめる自分でありたい。趣味はジム通いとカラオケ、まだまだ恋バナ大好き!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。