大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 実はこんなに良かった!実家暮らしの女性が同棲するメリット5選
2018年02月16日更新

実はこんなに良かった!実家暮らしの女性が同棲するメリット5選

同棲を考えたとしても、デメリットばかり想像して同棲に及び腰になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、同棲を後押しするメリットをご紹介します。

周りの女友達を見回すと、意外と実家住まいの人が多かったりしませんか?

一応、食費・光熱費として家にお金は入れたり、家事を多少は手伝っていたりしているものの、ほぼ親に寄生。

彼氏はいるけれど、親と一緒に住んでいる手前、なかなか同棲には踏み切れないし、ずっと一緒にいたら飽きるかもしれないし、自分の時間も欲しいし、見せたく無いところや見たく無いところもあるかもしれないし、家事もしなければいけないし…とデメリットばかり想像して同棲に及び腰になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、そんなあなたに同棲を後押しするメリットをご紹介します。

①ずっと一緒に彼氏といられる

まずこれにつきます。

大好きな人と「2人きり」でいられる幸せを噛みしめられます。

平日は仕事があるので、丸々1日というわけにはいきませんが、土日は1日中一緒に過ごせます。

食事をしたり、寝たり、テレビを見たり、ちょっとコンビニに行ったりという「ささやかな幸せ」を「2人きり」で味わえることは何よりのメリットではないでしょうか。

②家事に慣れられる

実家住まいの女性は、先ほどもお伝えした通り「多少」家事を手伝っている程度の方が多いのではないでしょうか。

しかし一緒に彼氏と住むとなると、家事をする時間が必然的に増えます。

例えば、トイレ掃除・部屋の掃除・洗濯・食器洗い・料理・食料品の買い出し・ゴミ出しなど、今まで親頼みだったことを分担して行うことになります。

これも大きなハードルですが、結婚前に本格的に「家事をする」行演習ができる!と前向きに考えれば、メリットの1つになるかもしれません。

③浮気を発見しやすい

これは重要なポイントです。

結構な時間、彼氏と一緒にいないと浮気はなかなかみつけられないものです。

彼氏の帰りを待っている間などに、元彼女との写真や思い出の品などを見つけてしまうなど、ショックなこともあるかもしれません。

けれども、全てを含め「彼氏」なのです。

女性関係に対して隠し事をするかしないか、ということを深く知ることができるのは、同棲ならではのメリットです。

また、彼氏との結婚を考えるにおいても大事なポイントにもなります。

④結婚できる人かそうでない人かを見極められる

一緒に住んでいると彼氏の色々な傾向を知ることができます。

先ほどもお伝えした、女性関係に対しての姿勢・家事への取り組み方・彼氏の好きなことと嫌いなこと(趣味・食事・日々の行動など)、同棲しても彼女に依存しすぎたりしないか、四六時中一緒にいても飽きないか、病気になったり疲れたりした時に労わってくれるか、などが見えてきます。

つまり、生活に対するスタンスが似ているかどうか、価値観が近いかということを見極められるので、彼氏が自身の結婚に向く人かどうかがわかるというわけなのです。

よく結婚前の同棲は離婚に繋がりやすいといわれますが、実家住まいの女性にとっては例外かもしれません。

⑤逃げ場所ができる

これは補足のメリットですが、親とケンカした時や飲み会帰りなどで遅くなって家に帰りづらいという時の逃げ場所になります。

彼氏の家はシェルターではないですが、逃げ場所=もうひとつの拠り所ができるという点は、実家住まいの女性ならではのメリットではないでしょうか。

また、辛いことがあった時、彼氏に話を聞いてもらう、一緒にいてもらうことで気持ちが落ち着くこともあるでしょう。

ですから、気持ちの拠り所ができるという意味でも、同棲する価値はあると思います。

 

彼との結婚に1歩踏み出せない、楽な実家暮らしから自立するタイミングがない、という方は是非1度同棲を経験してみるべき。

1人暮らしは気が重くても、彼と一緒なら楽しくスタートできそうですよね。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 実はこんなに良かった!実家暮らしの女性が同棲するメリット5選
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。