大人女子のためのWebメディア
検索
2018年02月24日更新

ケンカすると黙ってしまう「だんまり彼氏」の対処法

ケンカになりそうな空気を察知すると「だんまり」を決め込む「だんまり男子」。女性は話し合いがしたいと思う人が多いので、何もしゃべらない男性に余計にイライラしてしまう事もあります。ケンカの時の「だんまり彼氏」の対処法を紹介します。


恋人にケンカはつきもの。
でも、ケンカをして言い合いになるのはまだ良いほうで、中にはケンカになりそうな空気を察知すると「だんまり」を決め込む「だんまり男子」もいるのだとか。
女性は話し合いがしたいと思う人が多いので、何もしゃべらない男性に余計にイライラしてしまう事もあるはず。
ケンカの時の「だんまり彼氏」の対処法ってあるものなのでしょうか?

だんまり彼氏には4パターン存在する

1. 無視する系
ケンカに発展しそうになると急に姿をくらます彼氏もいます。
LINEを未読のまま放置する、電話に出なくなる、という人がコレにあたります。

 

2. いなくなる系
ケンカが始まると「帰る」と言ってその場から去ったり、同棲しているのなら家からしばらく出て行ったりするのがこのタイプ。

 

3. ケンカをとりあわない系
「はいはい」「わかったわかった」とケンカを取り合わず、話し合いにならないタイプ。もちろんこちらの意見は絶対に聞いてはいません。

 

4. 勝手に怒り出しだんまり系
何の原因かわからないけれど、急に不機嫌になり無視を決め込むタイプ。

どうしてケンカすると無言になるの?男性の心理は?

男性と女性の脳の作りが違い、ケンカに対する考えも違うことからそういった相違が生まれてくると言われています。
男性は、女性が想像するよりもケンカをするとストレスがたまるもの。
研究では、女性よりも心拍数が上がり血圧が高い時間が長いので、男性は体に負担がかかると身をもって知っているのです。
そのため、体に負担のかかるケンカをしないための最善策が”黙る”という行為に繋がるのだと言われています。
また、女性が未来を見据えた話をするのに対して、男性は目先の欲求を満たすことに重きを置くタイプが多いので、自分の責任から逃れるためにしゃべるのは損になると口をつぐむタイプもいます。

だんまり彼氏にできる対処策ってあるの?

だんまり彼氏を有意義なケンカができる彼氏に変えるのはとても難しいこと。
だんまり彼氏は死ぬまでだんまり彼氏なのだと心得ておいた方が楽です。
それを理解したうえで、どうしたら自分の思いが上手く彼に伝わるのか、そしてわかってもらえるのかの作戦を練った方がずっと生産的です。


付き合った彼氏がだんまり彼氏なら、この6つの項目をしっかりと覚えて実践して行くのが良いでしょう。

・ケンカを避けるために、日ごろから相手の話をよく聞く
・彼の味方ということを強くアピールする
・悪かったことを認めさせるために、時間が経ったころ冗談交じりで話をしてみる
・愚痴を言い合うのではなく、お互いにWinWinになるような話し合いをする
・彼の人間性を否定するような言葉を言わない
・ケンカしても相手の事はわからないことを理解する


今回は、ケンカをすると黙ってしまう「だんまり彼氏」の対処法についてお届けしました。
女性は、自分の不満を極限までためて我慢できなくなると爆発させる傾向がありますよね。
でも、だんまり彼氏にはそれは通用しないどころか、余計関係がこじれてしまいます。
冗談交じりに「○○のそういうところ、前から嫌だったんだ〜」なんて言えるようになると、あなたの気持ちもスッキリしますし、相手も飲み込みやすくなります。
だんまり彼氏だと気付いた時は、不満や言いたい事は笑顔で小出しに伝えるのがコツですよ。

 

written by 亀ぱんだ


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。