大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 子供おばさんは、会社や人間関係にしがみつく/子供おばさんから...

子供おばさんは、会社や人間関係にしがみつく/子供おばさんから大人女子になる方法

恋愛コラムニスト・ひかりさんによる、恋愛に関する心構えや幸せになる秘訣などを伝える人気シリーズ、「子供おばさんから大人女子になる方法」の連載です。今回は、会社や人間関係にしがみつく子どもおばさんに向けて、自分を必要としてくれる環境に移ることの大切さを教えてくれました。

生きているといいことばかりではないので、時にはリストラにあったり、人に意地悪をされたりと理不尽な目に遭うこともあるものです。そんなとき子供おばさんは、自分を必要としてくれていない会社にしがみつこうとしたり、自分に意地悪をするような人たちであっても、離れると不便なことがあるからと、その人たちとの付き合いにしがみついたりします。それでは、幸せにはなれませんよ?

例えば、会社で自分はベストを尽くして仕事を頑張っているのに、社内ではそんな次元にはいない我欲だらけの人たちによる出世争いがあり、さらに自分に嫉妬する上司、同僚によって足を引っ張られ、最終的に自分の居場所がなくなってしまうなんてことあるでしょう。そんなときは、そんな環境にしがみつくのではなく、自分を必要としてくれる新たに環境に移ることは大切なことです。

 

一会社員がいくら正論を並び立てたとしても、そんな職場の環境になっているのも、さらにそんな残念な人を自分の上司にしているのも“会社の判断”ですし、自分はその会社から給与をもらっているのだから、会社の判断に従うしかないところもあるでしょう。

結局、そういう残念な人たちを出世させる会社というのは、能力のある性格のいい人たちがどんどん辞めていき、自分たちの首を絞めるものですが、正直言うと、そんなことを一会社員が心配したって、なにも変わらないことも少なくありません。

 

もちろん労働基準法に違反しているのであれば、正式に抗議をした方がいいですが、それ以外の理不尽な状況については、大きな会社であればあるほど、色々な人の思惑があり、不公平なことも色々と起きるものなので、本当に自分にその会社が合わない時は、もっと自分の実力を生かせる場所に転職した方がいいでしょう。

究極なことを言ってしまえば、本当に理想的な場所で働きたければ、自分で会社を作るしかない、とも言えます(もちろんそれでも、理想通りにはいかないことも色々とあるとは思いますが)。

誰かの作った会社で働くというのは、そのルールに従わなくてはいけないところもあるし、逆にオーナー側だって、自分の会社に利益をもたらす人が辞めることは大変なことなので、自分が会社に必要とされるくらいの実力を身に付けた方が働きやすくはなります。そうすれば、理不尽な理由で辞める可能性も低くなりますし、仮にその会社を辞めたところで、もっと幸せな環境で働けるようになりますしね。

 

大人女子は、自分が培った能力、経験、知識は、誰にも奪えないことを知っています。だからこそ、普段から実力をつける努力をし、理不尽な環境になったときは、さらに自分の能力を生かせる場所に変わっていきます。

私たちは“囚われの身”ではないので、いつだってその環境から抜け出す自由はあります。もし会社でいいように使われるくらいなのであれば、自分も「この会社の社員であることを利用して、キャリアを積んでいくぞ!」くらいのしたたかさを持って、何かあった時には、いつでもその会社から抜け出せるくらいの柔軟性があった方がいいこともあるのですよね。

大人女子は高め合える人と付き合う!

人間関係でも同じです。大して気が合わない相手と付き合い続ける必要はないですし、ましてやあなたに対して嫉妬して、足を引っ張るような人とは、むしろ離れなくてはいけません。

 

世の中には、常に自分と人を比べ、自分よりも優れている人に対して、「悔しい!」と思って、その人の邪魔をする人も意外と多くいます。本来であれば、自分よりも優れている相手のいいところを学び、マネしてみて、自分の魅力を高めた方が幸せになれるのに、です。自分ができることが増えれば増えるほど、どんどん生きやすくなるものなのに、もったいないですよね。

 

ただ、自分のことは変えられても、人のことは変えられません。相手が嫉妬深くて、自分よりも評価されている人を潰そうとするようなタイプなのであれば、それはもう“その人の抱えている問題”なのだと思って、巻き込まれる前に離れましょう。

そんな人と付き合わなくても、いつでも自分が魅力的でいて、人に依存しなくても大丈夫なほどの強さがあれば、もっと素敵な人たちが寄ってきてくれるものです。

 

大人女子は、お互いに一緒にいることで高め合い、良い方向に進める人と付き合うようにします。嫉妬心からくる悪口で盛り上がる女子会に参加するくらいであれば、一人で静かに、自分にプラスになる本を読むことに時間を使い、自分を成長させていきます。

 

何度も言いますが、自分が身に付けた能力、魅力、経験、知識は、他の人に奪われることはありません。そして、それらがあれば、理不尽な状況になったときには、その環境から抜けて、もっと幸せになれる場所に移ることができるのです。

だから、もうそんな嫌な会社や人間関係にしがみつくのはやめて、逆にいい会社、素敵な人に求められるくらい、自分の魅力と能力を付けることに力を注ぎましょうね。

 

■子供おばさん…「失ったら、困る!」と恐怖心を抱き、理不尽な会社、意地悪な人間関係にもしがみつく。

■大人女子…いつも自分の能力、魅力、経験、知識を高めることを心がけ、理不尽な会社、人間関係とは離れ、もっと幸せになれる環境に身を置く。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 子供おばさんは、会社や人間関係にしがみつく/子供おばさんから...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。