大人女子のためのWebメディア
検索
2018年03月09日更新

男性からのLINEで分かる!脈あり・脈なし診断

男性の脈ありを診断する方法はいくつかありますが、その中でも特に分かりやすいのがLINEです。基本的にLINEを面倒に感じている男性は興味のない女性には素っ気なく、その一方で興味のある女性には面倒なLINEでも頑張って送ろうとします。つまり「男性の頑張りを感じるLINE=脈ありの証拠」ということになるのです。

男性の脈ありを診断する方法はいくつかありますが、その中でも特に分かりやすいのがLINEです。と言うのも男性は女性ほどLINEを好きではなく、むしろやりとりを面倒に感じているからです。

面倒に感じているからこそ興味のない女性には素っ気なく、その一方で興味のある女性には面倒なLINEでも頑張って送ろうとします。つまり「男性の頑張りを感じるLINE=脈ありの証拠」ということになるのです。

文末だけでなく本文中にも絵文字を使う

好きな女性にLINEを送る時には普段より丁寧なLINEを送ります。雑な印象にならないように絵文字を使いますが、多くの男性は絵文字の使い方が女性ほど上手ではないため、オーソドックスに文末を絵文字にする方法を選びます。

要するに「。」の代わりに絵文字を使用するわけですね。しかしそれでは当たり前すぎるため、好きな女性に対してはもう一段階頑張ろうとします。その結果、本文中にも絵文字を使用するようになるのです。

例えば「今から家に帰る」と送る場合、「家」の部分を家の絵文字などにするわけです。なぜそんなにがんばるのかと考えると、出てくる答えは「その女性が好きだから」としか考えられないのです。

疑問文が多い

これには3つの理由があり、1つは疑問文を使用することで女性が返答してくれるからです。好きな女性とのLINEは長くやりとりしたいですから、会話が終わらないように確実に女性から返答がくるメッセージを送っているのです。

2つ目の理由は情報収集で、好きな女性のことをもっとよく知りたいと思う気持ちが強いため、必然的に疑問文が多くなってしまいます。これは女性と出会って間もない状況でよく見られる傾向です。

3つ目の理由は会話のネタがないからです。好きな女性とLINEにしたいけど会話のネタがない。男性はLINEでの会話が苦手ですから、そこで「質問」という手段を会話のネタにしているのです。

電話よりLINEをくれる男性の方が脈あり

男性は好きな女性に対してこうしたLINEを送ります。ちなみに勘違いしやすいのが電話をしてくる男性の本心で、女性からすればLINEではなく敢えて電話をしてくる男性は脈ありだと判断してしまいがちです。「声が聞きたいのかな」…なんて思ってしまいますからね。

しかしそれは間違いで、電話をしてくる男性はむしろ脈ありではありません。この場合は、男性はLINEが面倒だから手っ取り早い電話をしているだけで、LINEを送る女性に対して面倒と感じる時点で既に脈ありではないのです。

 

Written by Ryuka


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。