大人女子のためのWebメディア
検索

褒めたつもりなのに!男性を傷つけてしまう”女性の褒め言葉”4つ

悪気はないのに言った言葉で男性を傷つけてしまう…中高生の若い男女なら、これはあるあると呼ばれるほどありがちな出来事ですね。しかし30代を過ぎた大人の男女にも実はこれと同じことが言えます。

悪気のない…いやむしろ褒め言葉で言ったつもりが男性を傷つけてしまうこともあり、ここでは要注意となるそんな一例をお伝えします。

「メガネ(コンタクト)にすると絶対いいと思う!」

この女性の一言はメガネやコンタクトにするとカッコよくなる…言わばその男性がイケメンの素質を持っているという褒め言葉です。しかしそれを言われた男性はそう受け取らないことがあります。例えばコンタクトにすると絶対いいというのは、メガネを掛けた今の見た目をダメ出しされているのだと受け取ってしまいます。

「腕細いね!」

細い女性はそれを自信にしているでしょうが、細い男性の場合はそれを気にしていることがあります。そして身体のパーツの中で最も細いことを気にしやすいのが腕なのです。腕が細いと弱々しく見えますし、男性にとって弱いと見られることはある種の屈辱です。このため、腕の細さを指摘すると例え褒め言葉の意味でも傷ついてしまう男性がいるのです。

「女子力高いね!」

料理のスキルや気配りに長けた男性に対して使いがちな褒め言葉です。この場合、素直に「料理が上手だね」や「気が利くね」のように行為そのものを直接褒めるべきでしょう。女子力という表現を使ってしまうと、男性は「女子」のフレーズが気になってしまい、女性っぽいと思われているのだと勘違いして傷ついてしまいます。

「今までの彼女、かわいい子ばかりでしょ!」

モテそうな男性に対して使う褒め言葉ですが、男性の過去を知らない以上はうかつにこのセリフを言ってはいけません。最悪なのが、過去に男性が女性と付き合った経験がない場合です。まるで元カノがいて当然のように思えるこの一言は、付き合った経験がない男性からすれば最も傷つく言葉になってしまうのです。

絶対に男性が傷つかない褒め言葉

褒め言葉のつもりが男性を傷つけてしまう一例をお伝えしましたが、こう注目すると男性を褒めるのが難しく感じる女性もいるかもしれません。そこで1つ、絶対に男性が傷つかない褒め言葉のパターンをお伝えしておきます。

それは、男性が自信を持っている部分を褒めることです。例えば社会的ステータスの高さに自信を持つ男性なら、そのことを褒めてあげればいいのです。そうすれば男性を傷つけることはないですし、むしろ嬉しい気分になってあなたに好感を抱く可能性も高くなります。

 

written by Ryuka


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。