大人女子のためのWebメディア
検索

年上彼女だって甘えたい!年下彼氏への上手な甘え方

年下の彼氏とカップルになったものの、どうしても年齢が気になって甘えられない女性も多いのではないでしょうか。そんな時に使える上手な甘え方を紹介します。年上彼女だけでなく、普段甘えるのが恥ずかし女性も必見です!

普段から彼を頼りにする

いつもデートの行き先や食事のメニューなどを、あなたがリードして決めていませんか?いい雰囲気になったときに素直に甘えたいのならば、彼の意見を先に聞いて普段から決定権を彼優先にしましょう。彼に決定権を持たせるデートの中で、自信を持ってあなたに接することができるようになるからです。

すると自然と甘いムードになっても、年齢関係なく彼に身も心も預けられるようになるでしょう。彼もきっと甘えてくるあなたを受け入れられる、頼りになる男性へと変わっているはずです。

自虐的な年上ネタを話さない

私はもうおばさんだから~、なんて冗談でも言うのは禁止にしましょう。彼がせっかく女性として見て扱ってくれているのですから、謙遜のつもりの言葉でも彼はがっかりします。

大人の女性だとしても男性に甘えることのできる可愛らしさをなくさないために、おばさんになるのはまだ早いと肝に銘じてください。彼もおばさんではなく、可憐な大人の女性に甘えられることを望んでいます。

年上コンプレックスは無理にでも忘れる

彼と二人きりの時くらい、大人の女性ではなく恋する乙女になってもいいんです!年齢を気にしていては、付き合ったとしてもカップルとして成熟することはできません。

女性はつい年齢や若さを気にしてしまいますが、それがプラスに働くことは少ないのです。

仕事の時などは年齢を経験値として武器にできますが、恋愛では武器にするよりも忘れてしまった方がよいのです。よりあなたらしい恋ができて素直に甘えられます。年齢に縛られているのはあなただけで、彼はあなたを年に「関係なく可愛らしい恋人として見てくれているはずです。その気持ちを尊重して、年齢のことは頭から追い出してしまうのがコツですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年齢に関係なく、好きな相手に甘えて欲しいし、自分も甘えたいと思うのは普通のこと。年下彼氏だからって我慢することはないんです。でも、最初は甘えた姿を見せて大丈夫かな、引かれないかな…そんな不安を抱いてしまいがちです。

普段は見せない甘える姿を見て、彼も「こんなかわいい一面あるんだ」「甘えてくれるんだ…嬉しい」とギャップにますます愛おしさが増すものです。ぜひ甘え方を活用して、二人の距離を縮めてくださいね。 


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。