大人女子のためのWebメディア
検索

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第七十八回目。

西山繭子さんの人気連載コラム「それでも恋がしたいんだ!」。第七十八回目の今回は、エド・シーランのコンサートに行った時のお話をしてくれました。

先日、エド・シーランのコンサートに行ってきました。たった一人で、そしてギター1本で観客を総立ちにさせる天才、エド・シーラン。武道館でバンドをしたがえないコンサートを観たのって初めてです。いやはや、感動。私はコンサートに行くとだいたい感極まって泣いてしまいます。安定の情緒不安定。

 

今回も『Shape of you』という曲で号泣してしまいまいした。なぜなら、この曲はマンチェスターのクラブでオスカル(知らない人はバックナンバー読んでちょ)と踊りまくった思い出の曲だからです。ただ、それを思い出して泣いたわけではなく、その大好きな思い出の曲を目の前でエド・シーランが歌っていることが幸せすぎて泣いたのです。

 

歌にはそれだけの大きな力があります。そして記憶を鮮やかに呼び起こす力もあります。

例えばCHEMISTRYの『PIECES OF A DREAM』を聴くと、三宿の交差点の手前で、運転していた彼がブチ切れて車から降り、助手席に置き去りにされた私が後ろから鳴り響くクラクションに焦りながら運転席に移動して、馬鹿デカいレンジローバーを死にそうになりながら運転して帰ったことを思い出します。

その時、カーステレオにこのCDが入っていて、延々とリピートされていたのです。

「ハンパ~な夢の、ひと欠片が~」とひたすら耳にしながら必死に運転した思い出。ただ喧嘩の理由はまったく憶えていません。

 

はたまたZIGGYの『GLORIA』を聴くと、スイスの高速道路をドライブ中、オービスにひっかかりテンションがた落ちの彼に対して「ねえ!今撮られた写真、欲しい!スイス警察に言ってもらえないの?だって、旅行の記念になるじゃん!」と言って、さらにテンションを下げたことを思い出します。

曲調とはうってかわって、車の外は雪景色でありました。いやー、歌の力って偉大だわ。

 

今回のエド・シーランのコンサートで私の目の前に若いカップルがおりました。

2人は『Thinking out loud』でぐっと肩を寄せ合いました。彼氏が彼女の耳元で何かを囁き、彼女は嬉しそうに彼の首筋に顔を埋めました。ああ、2人にとってこの曲が思い出になるんだなあ。結婚式とかでかけちゃったりするんだろうな。なんて素敵なんだろう。でも、ちょっと待って。若いからその前にきっと別れるよね。うん、そうだよ。そうそう幸せになんてなれないから。世の中、そんなに甘くないから。てか、そういうの家でやってくれない?2人がくっつくからエドが見えづらいんですけど?

ああ!こんなことを考えているうちは恋の神様がやって来ない!気をつけなければ。

私もいつか誰かとエド・シーランの『Perfect』を思い出ソングにしたいものであります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。