大人女子のためのWebメディア
検索

ジェラシー感じまくり!感情のコントロール方法とは

恋愛をしていると、彼氏の周りにいる女性に対してジェラシーを感じてしまうこともありますよね。しかし、二人の雰囲気が悪くなってしまわないように、ジェラシーを感じたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は自分がジェラシーを感じてしまった時に、感情をコントロールする方法をご紹介していきたいと思います。

自分と彼氏は愛し合っているという自信を持つ

彼氏の職場の女性や昔から仲良くしている女友達など自分が知らない彼氏の一面を知っている人がいると思うと、ジェラシーを感じてしまうこともあるのではないでしょうか。そんなときは、彼氏がたくさんの女性の中から自分を彼女に選んでくれたという事実だけを見るようにしましょう。
彼氏と手をつないだりキスをしたり、自分にしか知らない彼氏の一面はたくさんあります。それを思い出せばジェラシーを抑え、大らかな気持ちを保つことができるはずです。

深呼吸をして彼氏のことは一旦忘れる

ジェラシーを感じている時は頭に血がのぼっていて、攻撃的になっています。そんな時に彼氏と話しても悪い方向になってしまう可能性が高いです。そのため、自分の気持ちを分かってもらおうと会話し続けるのではなく、一度冷静になりましょう。
まずは深呼吸をして友達と電話をしたり、おいしいものなどを食べて気分転換をしてから自分の感情に向き合うと冷静になれます。

誰にも負けない自分の長所を見つける

ジェラシーは自分より可愛い人を見たり、能力が高い人などを見た時に感じやすくなります。そんな人を見た時でも、自分に自信さえあればジェラシーを感じることはないはずです。
これだけは誰にも負けないというところを探し、自信のある自分を思い出しましょう。このように感情のコントロールが出来るようになると、人と比べることは無意味だと気付いてより自分らしくいられます。

ジェラシーはいらない感情!自分の気持ちをコントロールしよう

ジェラシーは誰の心も気持ち良くしてくれません。そんな気持ちを持ちながら彼氏と接しても、二人の間に良い雰囲気は流れにくくなってしまいます。
そのため、いつでも彼氏の愛は自分にしかないということを考えて、自分に自信を持つ習慣をつける努力をしましょう。
最初は難しくて感情的になってしまうかもしれませんが、だんだんと周りのことは気にならなくなってくるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。