大人女子のためのWebメディア
検索
2018年05月17日更新

デートの誘いを断られた時、上手く次に繋げる返し方

デートの誘いに断られた

勇気を出して男性をデートに誘ったのに、断られてしまったら落ち込みますよね。
成功しやすい誘い方をすることも大切ですが、断られた時にどういう言葉返すかを考えておくことも大切です。
断られた時の上手な対応を知っていると次のチャンスに繋げやすくなるだけでなく、誘う時の気持ちも楽になります。


「もし断られたらこう言えばいい」と思っていれば余裕のある誘い方ができますし、それによって結果的にOKをもらえる可能性が高まることもあるので、是非断られた時の上手な返し方をマスターしましょう。

落ち込まず、爽やかな対応が基本

断られた側が落ち込んでしまうことは当たり前ですが、実は人の誘いを断る側もストレスを感じています。
特に日本人は誘いを断るのが苦手と言われていますよね。
だからこそ誘いを断られた時には落ち込まず、爽やかな対応をとりましょう。 それによって断った側へのストレスを大幅に減らすことができます。


もしあなたが男性からの誘いを断った時に相手の男性が凄く落ち込んでいたらこちらも良い気持ちにはならないですよね。
そうするとだんだん誘われる事自体がストレスになってしまいます。


『うわーまた誘われた・・・断りたいけどそれもストレス・・・』
なんて思われてしまうと相手に対する印象そのものが悪くなってしまいます。


誘われること自体がストレスになってしまわないために、誘いを断られた時は爽やかに、気にしていないよということが相手に伝わるように行動しましょう。


「残念!また誘うね!」
「了解です。もしよかったらまたいつか行きましょう!」
というようにさらっと返すことが大切です。

急に誘ってごめん、と謝る

誘った側からも謝る、というのも効果的な返し方です。
「急に誘って、かえってごめんね」
「忙しい時期に急にごめんね!お仕事頑張って!」
など、デートしている余裕がないと思われる相手の状況を慮って、急に誘ったことを謝ったり、労いの言葉をかけたりしてみましょう。


『こちらのことを気にしてくれているんだな』
『僕の事情を優先してくれているんだな』
こういった言葉を返すことによって、相手のことも考えてくれる人、優しさのある人、という印象を与えることができます。

じゃあこの日は?と聞くのはNG

「最近忙しいからだめなんだ」「その日仕事だから」というような断り文句はよく聞きますよね。
自分も使っているという方も多いかもしれません。

そういった断り方をされた時に
「じゃあ来週ならどう?」
「仕事が落ち着いたら教えてよ」
といった誘い方はNGです。

そもそも気乗りしないから仕事を理由に断ることもありますし、行く事を前提に話をされると逆にデートをする気持は湧かないものです。
『なんで行くことが前提になってるんだよ・・・』
と思われてしまったらあなたの印象も悪くなり、もう次のチャンスはないと言えるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?
人は断ることにもかなりのストレスを感じるものです。
だからこそ、断った時の相手の対応が好印象なら『次はOKしてあげたい』という気持ちにもなりやすいです。
あえて断られた後に続けて誘うというテクニックもありますが、少し高度なテクニックです。
まずは爽やかに引きさがり、相手にストレスを与えない対応を身に着けましょう。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

悩んで苦しむ時間が大嫌い。だからこそ、嫉妬や依存に苦しまない方法、愛される、モテるための方法を徹底的に確立しました。その方法を記事にまとめて、悩んでいる女性に届けたい。そんな気持ちで配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。