大人女子のためのWebメディア
検索
2018年05月21日更新

元恋人の結婚式って行くべき?行かないべき?

もし、あなたの家に元恋人から結婚式の招待状が届いたとしたらどうしますか。きっと返信に困ってしまいますよね。
その元彼とどんな形で別れたのか、別れた後の彼との関係がどうだったか、お相手の女性とあなたの関係性などで出席するかどうかは変わってきます。
今回はケースごとに考えてみますので、元恋人を想像しながらシュミレーションしてみてください。

迷わず出席パターン

元恋人とお互い未練なくきれいさっぱり別れていて、その後も友人関係が続いている場合には出席するのに何も問題はないでしょう。
社内恋愛で別れた後も同僚として助け合っていたり、もしくはお付き合いの期間が短くてスパッと次の恋へ二人とも進めた場合なども同様に出席を選ぶのではないでしょうか。
また、お相手の女性とも仲良くしていると断る理由がないと思う女性もいます。モヤモヤせずに元恋人の結婚を祝ってあげられる関係性は潔いですから、心がざわつくことがなければぜひ出席してお祝いしましょう。

やっぱり無理、欠席パターン

元恋人から結婚式の招待状が届いて「なんで私に?」という気持ちが少しでも沸き起こった場合は欠席した方が無難です。
それは相手に未練があるということではなく、単にお祝いできない自分の気持ちに正直になった方が良いからです。逆に自分が花嫁の立場だったら、きっと良い気持ちはしないと考えて欠席を選ぶ人もいるでしょう。
また、別れ方によって欠席を選ぶこともあります。「こっぴどく振られた相手の結婚式になんて出席するものか」と思う女性もいるはずですし、その男性にとっては大したことではないのかもしれませんが、その当時傷ついた自分を思い返すと「招待状を出すなんて無神経すぎる!」と憤慨するケースもあるでしょう。そういう時は迷わず欠席を選ぶのがお互いのためです。

出席の結果、トラブルになることも

ここまでパターン別に見てきましたが、もし出席した場合にはトラブルに見舞われる可能性があることも知っておきましょう。
花嫁が当日まで元カノの出席を知らず、何かの拍子にバレてパニックになり、式が台無しになってしまったというトラブルの体験談が結婚式体験談サイトには多く寄せられています。
トラブル回避のためにも、花嫁は自分の出席を了承しているのかを相手に事前に確認した方が良いでしょう。

元恋人の結婚式に出席するかはよく考えて決めよう

元恋人から結婚式の招待状をもらったら、素直にお祝いできない限りは欠席を選んだ方が無難と言えるでしょう。
いくら相手が自分の幸せな姿をあなたに見せたいと思っていても、あなたがそれを望まないのであれば無理に出る必要はありません。
そして、友人関係ということで出席する場合も花嫁の気持ちを尊重する配慮を忘れないようにしましょう。女性同士だからわかる気持ちを大切にしたいものです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。