大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 愛情度は呼び方に表れる!あなたは彼になんて呼ばれていますか?
2018年05月29日更新

愛情度は呼び方に表れる!あなたは彼になんて呼ばれていますか?

大好きな彼氏は、自分が想うほどに自分のことを好きでいてくれてるのかな、なんて不安になることもありますよね。「私のことどう思ってるの?」だなんて、そんな質問は野暮ですよ。


自分の感情を言葉で表現するのが苦手という男性も多くいます。直接そんなことを聞かなくても、男の人は彼女の呼び方に愛情度が現れるといいます。自分の呼ばれ方はどれくらいの愛情度になるのか確認してみましょう。

固定の呼び方がある場合

「ちゃん」づけや呼び捨てなど彼女に対する固定の呼び方がある場合、付き合いが浅いのか、または男性が固定観念を持っているということが考えられます。例えば、「ちゃん」づけで彼女を呼ぶのは、男性が彼女のことを「かわいい」「愛おしい」と思っている場合であることが多いでしょう。ペットや子供に対するような愛情を抱いており、「守ってあげたい」とか、「一緒にいて楽しい」という思いを抱いています。


また、彼女の名前を呼び捨てにする場合は、男性性が強く彼女に対して「自分の女」という意識が強い男性である場合が多いと言えるでしょう。昔ながらの亭主関白タイプも、彼女を呼び捨てることが多いですね。


「ちゃん」づけや呼び捨て以外にも、特定の愛称で呼ばれる場合もあるかと思いますが、いずれにせよ、ひとつの呼び方に固定しているということは、その男性が考える「理想の男女関係」を表しています。友達のような対等な関係や、男性と女性という性差を意識した関係など、自分の彼氏はどのような関係が理想だと考えているのかが分かるでしょう。


しかし、これらの呼び方だけでは愛情度が高いとは判断しにくい関係性です。「かわいい」と愛情を抱いたり、「自分の女」という独占欲のようなものは抱いたりしていることは容易に分かりますが、その愛情が一時の気持ちで、浮気をする可能性もあります。目の前にその彼女がいる時は愛情度が高いけれど、目の前にいない場合やこれから先の未来もその高い愛情度が続くかどうかは限らない、という危うさを持った愛情だといえるでしょう。

状況によっていろんな呼び方をされる場合

2人でいるときには「○○たん」のような甘えた呼び方をするのに、1人の大人として注意してくれるときには呼び捨てにするなど、状況に応じて呼び方が変わるという男性もいます。いろんな面をその女性の前でさらけだすことができているということで、愛情度が深いといえます。


男はメンツとプライドを大事にする生き物だと言われます。その男性が、他人には見せたくないような弱い姿や子供のように甘えた姿をあなただけに見せてくれるというのは、大変心を許しているということです。それだけ心を許すことができる存在は、世界中探してもそんなに多くはいないでしょう。


特に異性である女性に対しては、かっこつけたいと思うのが男性の常ですから、そのように心を許すことのできる女性とつきあっているというのは、大きな喜びや安心になるのです。


自分が彼にとってそのような存在になっているということが確認できるのは、いろんな呼び方をされ、いろんな面を見せてくれるということなのです。そのような場合は、男女としての愛情度が高いという以上に、1人の人間としても深く信頼されているといえるでしょう。


自分が固定の呼ばれ方しかされていないなと思う人は、まずは自分から彼氏をいろんな呼び方で呼んでみましょう。甘える時や、メールのやり取りをする時などはいつもと違う呼び方にしてみるというのもいいですね。女性が先に変化してくれることで男性も変化しやすくなります。いろんな自分を出してもいいのだという気持ちになるのです。また、場面によって呼び方を変えられると男性はドキっとしますから、それが刺激になってマンネリ化を防ぐという違う効果も期待できそうですね。

少しでも自分が嫌な気持ちを抱くような呼び方をされるのはNG

彼女に対して、日常的に「おばさん」とか「豚まん」などと呼ぶような男性も世の中にはいるようです。何かの拍子にふざけて言うとか、お互いが日常的にそのような呼び方で呼び合い、笑顔でそれを楽しみ戯れているというのであれば問題ではありません。しかし、自分は相手に対してそんな呼び方はしないとか、嫌だと言っても呼び方を変えてくれないなどという場合は、男性がこのお付き合いを上下関係のようにとらえていたり、女性を蔑視していたりということも考えられます。


自分はこう呼んで欲しいと相手に伝え、それでも改善されない場合、どうして改善してくれないのか聞いてみましょう。彼氏は呼び捨てで呼びたがるけど本当は嫌だという場合は、自分が望む呼ばれ方を伝えなくてはいけませんね。


「ちゃん」づけなど、ほかの呼ばれ方も同様です。彼女の呼び方で男性の望む付き合い方や男女関係が分かると述べましたが、それが自分の望むものと違う場合はそう伝えなくてはいけません。自分の気持ちを上手に伝えることができるかどうか、うまくコミュニケーションをとることができるかどうかは、恋愛関係がうまくいくかどうかに大きく関わります。


呼び方を改善することに納得してくれない男性だと分かれば、価値観を曲げない頑固な人であるとか、または自分に対する愛情度が低かったのだということが分かるでしょう。

彼女が呼ばれて嬉しいと感じる呼び方ができる男性が正解

彼女の呼び方で彼氏の愛情度が分かるというのは事実です。彼女が呼ばれて嬉しいと感じる呼び方をしている男性が、1番愛情度が高いのです。


男性だけが満足している呼び方をしているとか、男性だけが心を開いているというのは、対等で健全な恋愛関係とは言えないでしょう。彼女の呼び方でさえ愛情表現ができる、そんな素敵な男性と恋愛を楽しんでくださいね。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 愛情度は呼び方に表れる!あなたは彼になんて呼ばれていますか?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。