大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • ひとりっ子の恋愛偏差値はどれくらい?コミュニケーション能力を...

ひとりっ子の恋愛偏差値はどれくらい?コミュニケーション能力を高めるには

恋愛偏差値とは、恋愛を上手に進めるための能力に関する偏差値のことなのですが、それには兄弟構成も関係していると言われています。世の中には兄弟や姉妹のいないひとりっ子も少なくありませんが、そのような人の恋愛偏差値はどれくらいなのでしょうか。

ひとりっ子にはコミュニケーションが苦手な人が多い

ひとりっ子の恋愛偏差値について考えるには、その恋愛偏差値というもの自体が、どのようなことによって決まるのかが大きく関係してきます。そこで最初に、恋愛偏差値を左右する重要な要素であるコミュニケーション能力の高さについて見て行きましょう。


ここで気を付けなければならないのは、自分が相手に話しかけるのが上手いことはもちろん大事ですが、相手の話を聞くのも上手でなければならないということです。いかにおしゃべりが上手でも、一方通行の会話になるようではコミュニケーション能力が高いとは言えません。


例えば初めて会った人とはなかなか上手く会話出来なくて、その人との心の距離を縮められない人もいれば、楽しく会話出来てすぐに仲良くなってしまう人もいるでしょう。前者の人はコミュニケーション能力が低く、後者の人は高いと言うことになります。コミュニケーション能力が高いと必ず恋愛で成功出来るとは限りませんが、有利であることは確かなので、その高さは恋愛偏差値に大きく影響してきます。


その点からひとりっ子の恋愛偏差値を考えると、残念ながら低いと評価せざるを得ないでしょう。兄弟姉妹と一緒に育てば、いつも身近にコミュニケーションを取らなければならない相手がいるので、自然とその能力が身に付いて行くものです。兄弟姉妹といっしょに遊んだり、喧嘩したりといった経験することが出来ないひとりっ子は、どうしてもその能力を身に付ける機会に恵まれないため、恋愛においてもコミュニケーションが下手な傾向があります。

ひとりっ子にはマイペースな人が多い

次に考えられる、恋愛偏差値を左右する要素は空気を読む力です。空気を読むのが上手い人は、多少性格に問題があっても人から好かれやすいですし、逆に空気が読めなくて身近な人たちを引かせてしまうようでは、いくら性格の良い人であっても良い関係性を築くことは難しくなってしまいます。特に、基本的な考え方に違いのある男女の間で関係を築いて行かなければならない恋愛においては、空気が読めるかどうかはとても重要だと言えるでしょう。


また、恋愛を成功させるには、気になる相手に上手く自分の良さをアピールすることが肝心ですが、そうするためには相手が何を望んでいるかを鋭く察知して、それに上手く対応するのが効果的です。そういった点から恋愛偏差値を考えると、ひとりっ子によく見られる特徴はマイペースなことなので、やはり低いと評価することになってしまいます。ひとりっ子は両親の愛情を一身に受けて育つので、ある程度のわがままなら聞いてもらえる場合が多くなります。


また、兄や姉に怒られないように気を配ったり、弟や妹を泣かせて親に叱られないように気を付けたりなど、日常的に空気を読まなければならない状況に置かれることもありません。そういったことから、ひとりっ子にはユニークで魅力的な人が育つことも少なくないのですが、マイペースで空気を読むのが下手な人になってしまうことも多いのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • ひとりっ子の恋愛偏差値はどれくらい?コミュニケーション能力を...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。