大人女子のためのWebメディア
検索
2018年06月05日更新

嫉妬しない女性ってどうやってなるの?

相手に嫌がられてしまうとわかっていても、つい好きな男性に嫉妬してしまう女子は多いでしょう。本当は嫉妬しない女子になりたいと思っていてもどのようにすれば良いのか、その方法を考えていきます。

嫉妬とは自己愛の強さ

嫉妬するというのは、自己愛が強い感情を表しています。相手に対しても、自分のことを大事に思って欲しい気持ちが高まってしまうので、自分以外の女子に優しく振る舞うような相手の行動が許せなくなってしまうのです。

相手の幸せを考えてみる

相手に対する愛情を持つ方法は、自分が幸せにして欲しいと思うよりも相手の幸せを願えることです。もしも、好きな人が自分以外の女子を好きになったとしても、相手にとってそれが幸せであるのなら喜んであげるのも愛情だと言えます。自分は相手とは縁はなかったとしても、相手の幸せを喜ぶことで嫉妬しない女子になれて、いつかは自分にも幸せが訪れるでしょう。

嫉妬される相手の立場になって考える

好きな男性とカップルになれた時でも、嫉妬には気をつけた方が良いでしょう。

少しの嫉妬は可愛げがあると見てくれたり、全く嫉妬しないのも愛されてないのかと誤解されたりしますが行き過ぎは良くありません。

 

たとえば、彼氏が他の女性が参加する飲み会に行くのを反対するとします。相手は自分に対して窮屈な思いをするでしょう。もしも逆の立場だったとして、男性のいる飲み会に行くなと言われたら自分も窮屈な思いをしますよね。自分の身に置き換えて考えてみると、嫉妬が相手にとってどんなに嫌なことかが見えてきます。

過去を引きずらない

嫉妬をする原因の一つに、彼氏の過去の恋愛を気にしてしまうことが挙げられます。過去に付き合っていた女性の存在は気になってしまうかもしれませんが、あくまで経験の一つだと割り切るのが大事です。

過去のことはあまり気にせずに、今までに好きな人がいても最終的に自分を選んでくれたことに感謝しましょう。過去の恋愛が、今の彼氏をより魅力的に成長させてくれたのだと思うと、嫉妬する気持ちも薄らいできます。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。