大人女子のためのWebメディア
検索
2018年06月19日更新

人生の終わりじゃない!失恋した時に元気を出す方法

女性は大好きな彼氏がいれば、結婚を視野に入れていることが多いですよね。
そんな中いきなり失恋をすると心に大きな痛手を追うこととなります。
「この恋が終わるなんて…人生も終わり」なんて落ち込まないように悲しい失恋から元気を出す方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 辛くても失恋をしたらすぐにやること!

すごいショックで何もできないと思いますが、最低限これだけは元気になるためにやっておきましょう。

(1) 彼氏との写真を消す

今はスマホで写真を気軽に撮ることができるので、デートの度に仲良く写真を撮ることが多かったと思います。
時間が経てばいい思い出になるかもしれませんが、失恋直後は彼氏との楽しかった時間を思い出すのはとても辛いこととなります。
そのためスマホで彼氏の姿が見られなくなるようにすぐに写真を消してください。自分で削除ができない人は、友達に決してもらってもいいでしょう。

(2) もらったものを処分する

大好きな彼氏からもらったプレゼントなどは大切にしまってあるものですよね。
しかし、失恋するとそばにあればあるほど彼氏を思い出させるものへと変わるので、もう必要のないものと割り切って処分をしましょう。
すぐに処分できない場合は、大きな袋にひとめとめにしたりしてあまり目に触れないようにしてみてください。

(3) 連絡先を削除する

もうこの恋は終わったと理解していても、ついつい声が聞きたくて電話をかけてしまうことはよくあります。
そうなると別れが余計辛くなり未練が出てきてしまうので、もう2度と連絡が取れないように自分から連絡先を削除しましょう。
後になって失恋の辛さから彼氏が恋しくなっても連絡できない状態にしておく方が後々の元気につながります。

2. 失恋したら自分自身がやるべきこと

悲しい失恋から元気を出す前に自分自身のことを整理しておきましょう。

(1) 好きなだけ泣く

当然失恋はとても辛いものなので、無理して泣くことを我慢する必要はありません。
心配をかけないように自分の部屋で1人になった時に悲しい分だけ涙を流しましょう。
大切な恋を失った悲しみや後悔などどんどんと感情の波が押し寄せてくるので、時間に任せて泣くことも大切です。
涙が枯れるまで泣いて気持ちをすっきりさせてください。

(2) 心の整理をする

彼氏と別れると今までと違った日常が待っています。
例えば休日は2人きりでデートだったのが、1人で過ごすことへと変化していくので少しずつ心の整理をしながら別れた後の生活に慣れていきましょう。
「自分1人でも充実した生活を送るには?」と考えるのもいい機会となります。

(3) 反省点を探す

ゴールインすることなく終わった今回の恋について、自分が反省すべき点はなかったか考えてみましょう。
何か原因があって別れることになったので自分の至らなかった面を実感するいいチャンスです。
次の恋へ反省点を生かすことでもっと楽しい時間を過ごせるはずなので、よりステキな恋愛をするために考えてみましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。