大人女子のためのWebメディア
検索
2018年06月20日更新

妻の闘病中に夫の浮気が発覚した時の対処法

もし自分が病気の時に、いつも優しくて信頼出来る夫が浮気をしていたら、裏切られた悲しさと怒りで複雑な気持ちになりますよね。

闘病中は本人も大変ですが、支える側も不安や苦労がつきもの。

「誰かに慰めてもらいたかった」という夫の意見もあるようですが、浮気は浮気です。

そこで今回は闘病で大変な時期に夫の浮気とどう向き合う事ができるのか?考えてみたいと思います。

1. 夫なりに家庭を支えていたかも?

裏切り行為に違いはありませんが、夫は夫なりに家庭を支えていたと考えてみましょう。

この場合の夫の浮気は「逃げ場」みたいなものです。

世間から非難される事であっても、人肌でしか癒されない苦しみもあるでしょう。

その時は必要とされる事だったのかもしれません。

夫が開き直らずに家庭を大切にして妻を決して裏切らないというのであれば、気持ちの面では時間が解決します。

一度、過ちを犯した夫を許すことは難しいかもしれませんが、あえて信頼することで自分の気持ちがおさまるケースもあるようです。

2. 焦って行動には移さない事

浮気された時は、冷静になって自分が元気になる事が先決です。

そこから夫婦問題や家庭を立て直すことが肝心ですので、まずは大きく構えて妻としてすべき事をしましょう。

さらに自分は病気だから「優しくされて当たり前」の考えではなかったか考えましょう。

夫が居やすい環境を作る事も大切です。

「自分にとってどのくらい夫が大切で必要な人なのか?」を判断できるチャンスでもあるので、様子をみてこの先を判断する事も重要です。

3. フラッシュバックがつらいなら

自分の病気を夫が支えることができたのは浮気相手がいたから?と悩み苦しむ人も多いです。

夫を愛しているからこそフラッシュバックも起きます。

子供がいるのであれば尚更、夫は経済的な基盤として責任を果たす役目もありますよね。

気持ちが弱くなってしまっても、まずは生きることを考えて下さい。

相談相手がいるのといないのでは気持ちの面で負担が随分変わりますので、両親や兄弟に打ち明けてみましょう。

4. 夫の浮気を許すという選択肢

夫婦とはどんな形でも多かれ少なかれ問題はつきものです。

生活費などを支払わないなどがあれば「離婚」などを考えるべきですが、妻が闘病中の場合は「夫の浮気を許すこと」も問題解決の重要なポイントとなってくるようです。

 

written by キララ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

1891年生まれ。みずがめ座の女。無類の猫好き。 エリアマネージャーとして長年、医療事務員として携わってきたがライターの世界に魅了され転身。 常識や既成観念を常に突き破りたいと考えている浮世離れなアラサー女。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。