大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 好きな人からLINEが来ないというあなたへ。恋をうまくいかせ...
2018年06月27日更新

好きな人からLINEが来ないというあなたへ。恋をうまくいかせるためのLINEの頻度とは?【33歳片思い時代】

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、片思いとの付き合い方を伝授してくれる連載コラムです。今回は、恋をうまくいかせるためのLINEの頻度ついてお話してくれました。

幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。

好きな人や気になる人にLINEをして返信がないと、やきもきしてしまいますよね。

「もしかして嫌われている?」「脈ナシなの?」と思うととても悲しくなってしまいますよね。とはいえ、「返信が来ないうちに、更に送るとウザがられる」という声もありますし、どうすればいいのでしょうか。ということで、今回は恋をうまくいかせるためのLINEの頻度についてです。

LINEの頻度は男女で違う

そもそもLINEをしたい頻度や回数は、男女で違います。

なぜかというと、ずっと「話続けていること」で安心する女性と、「必要なことしか話さない」男性では、ラインに求めるものが違うから。女性は知り合った男性が「好ましいな」と思えば、LINEでつながっていたいと思いますし、「好きなら誘ってくるはず」とも思います。けれど、「男性のLINEの頻度=愛」ではないので、「LINEがたびたび来ないからといって、好かれてないわけじゃない」ということをまずは知っておきましょう。

誘われないのはつながっているから

また、「私からLINEをしないと、交流が絶たれてしまうのでは?」と不安になる方もいるでしょう。

なぜって、こちらから連絡しないと、向こうから連絡が来ない状態だから。

 

「私が連絡を止めると、向こうからもう連絡が来なくなるのでは」とおびえる気持ちになるのはわかりますが、それも大きな誤解です。男性は女性からラインが来るのでついつい「返信する」スタイルを取りますが、まるで連絡が来なくなれば「自分からする」という人がほとんど。なので、一度、自分からLINEするのを止めてみてください。

 

何日か経てば、気になる間柄になっているなら、男性は自分で連絡して来ますから。すでに女性からLINEをしていて「つながっている状態」にあるから、男性からLINEが来ないのだと知っておくといいでしょう。

我慢できる頻度が違う

では、「男性から来るのを待つ」とあなが決心したとして、本当に待てるかというのが続いての問題です。最初に書いた通り、男女では「求めるLINEの頻度」がそもそもだいぶ違います。

 

たいていの男性が「2,3日で一度でいい」と考えているのに、女性は「毎日…いえ、私は朝晩ほしい」という人もいるでしょう。なので、男性の頻度に合わせると、女性が辛くなってくる。「これって、やっぱり脈ナシかな?」と不安になって、LINEしてしまい、結果、女性が男性を追いかけるスタイルになってしまうのです。

追いかけるスタイルは損

「でも追いかけるスタイルでもいい。彼とLINEできるなら」という声もあるでしょうが、それでうまく行くなら、そもそもあなたはやきもきしないはずですから、この場合は、「追いかけるスタイルではうまく行かない」男性を対象にしていると思ってください。

 

で、ではどうして追いかけるスタイルがうまく行かないのかと言いますと、男性は女性が頻繁に連絡してくると、「すでに手に入れた」感覚になってしまうから。すでに手に入れた者に対しては、なかなか情熱は湧きませんから、関係が固定化するまでは、頻度は上げないほうがいいのです。

放置できるか

しかし更に「でも私、男性からLINEが来ないとやきもきしてしまうんです」「ほかに好きな人がいるのかとか、私は好かれてないのかなとつい考えてしまいます」という声もあるでしょう。

 

「連絡をくれないならくれるまで放置しなさい」といわれても、なかなかできないのは普通です。

 

そこで、オススメしたいのが、「連絡をくれない間の彼を想像すること」です。

この想像がうまくできないから、ネガティブな考えに陥るわけで、うまくできれば乗り切れます。では、どのような想像をするか、なのですが、オススメなのは「連絡をくれない間に彼は未来の2人のために頑張ってくれているのだな」と思うことです。

 

そうポイントは「彼が頑張っている」ということと、「2人のため」…つまり、あなたのためでもあると思うこと。

2人のために頑張っているなら応援できるはず

彼がどういう気持ちで連絡をくれないかと想像すると、ついネガティブになる人もいるでしょう。が、「2人のため」…ひいては「私のために」「頑張ってくれている」想定にすれば、心から応援できますよね。

 

だから、好きな人や気になる人と離れて不安になったときには「彼は今、私のために頑張ってくれているんだな」と考えて乗り切りましょう。ついでに、2人でつきあっている「楽しげな未来なシーン」を想像するのもお勧めです。「ああ、あの時(=今)があったから、こうして今(=未来)2人でデートを楽しめているんだな」と未来の気持ちで今を考えれば、にんまりと笑みもこぼれるでしょう。

素直な心で返信できる

しかもメリットはまだあります。「頑張ってくれていたのだな」と思っていれば、その後彼から連絡が来た時に、「忙しいのにありがとう」「頑張っていて、ほんとお疲れ様」と心から言えるハズ。すると、彼も嬉しく思ってくれて2人の関係は本当によくなっていくのです。

 

ということで、好きな人からLINEが来なくてやきもきしたときは、「まずは自分から連絡するのを止める」「連絡を取らない間は彼が自分のために頑張ってくれていると考える」そして、連絡が来た時に「心からお礼を言う」「ねぎらう」気持ちでいるのがいいでしょう。

まとめ

●LINEが来なければ、自分からしない(止める)

●連絡がないときは彼が「私のために頑張っている」と考える

●連絡が来たら「心から喜ぶ」


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 好きな人からLINEが来ないというあなたへ。恋をうまくいかせ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。