大人女子のためのWebメディア
検索
2018年06月28日更新

【女子のばんそうこう】おじさんは、なぜ。【前篇】

さまざまなニュースや事例を見たり、そういう人に遭遇したりして、ここのところずっと考えていた「おじさん」のこと。彼らはなぜ、煙たがられたり嫌がられたりしてしまうのか…?

 

 

「どうしておじさんはうっとうしくなってしまうのか」
数ヶ月、ずっとそれを考えている。

問題は「アップデートのなさ」

初めに断っておくと、まず「おじさん=うっとうしい」とは思っていない。そもそも「若くない男はダメ、キモい」と思っている女子なんてほとんどいない。女はそんなにバカじゃない。大抵のおじさん(と呼ばれる年恰好の男性)は、無害だったり可愛らしかったりカッコよかったりいい人だったりする。そんなことは承知だ。だけど「何なのこの人の言動…イヤだなあ」と思うとなぜかおじさんであることが多いので、指摘されやすく、ひとくくりにされやすいのだと思う。

次に、私は若い女ではない。「ウチらに絡んでくるおじさんウザいよね〜」って言う年齢ではない。世のおじさんと同じ世代の、40をとうに越した、何なら「おばさん」と呼ばれる年齢である。だからおじさんについて言及するとその半分以上は自分にブーメランとして返ってくる。おじさんは私から見たら同世代の男子だ。かつて若者だった頃をとてもよく知っている。だからむやみに批判などしたくないし、その心中も、比較的分かる。

それでも残念ながら「おじさんはうっとうしい…」と思う機会が多い。
というわけで2回に渡り、おじさんについて思うところを書いてみたいと思う。

ネットでどなたかが分析していて私も全く同意なのだけど、おじさんがうっとうしいと思われてしまう基本的な原因は「時代の変化に合わない旧い価値観のままでいる」ことと「自分がいつまでも若いと思っている」ことだと思う。2つ書いたけどこれ基本的には根っこ同じですね。要は「いま」に合わせたアップデートができていない。

この「アップデートできてなさ」はもちろん男性に限った話ではないのだけど、これまでは社会的に「おじさん=えらい、いばっていい」みたいな空気がわりと許されてきたので、その空気のまま堂々と振舞ってしまうからおばさんよりも目立ちやすいのだと思う。

自分は変わらないけど、時代と周囲は変わっている

「旧い価値観のままでいる」の結果はまさに今、ニュースやSNSで伝えられるセクハラ、パワハラ、炎上案件で見ることができる。女は子を産めばいい。女は職場や酒席の華。どうせみんな恋愛とスイーツとピンク色が好きだろ。男同士はさっぱりした付き合いだし絆が深い。同性愛は気持ち悪い…。こういう古くさくてトンチンカンな決めつけを口に出してしまう人たち。私も「専業主婦はいいよな、旦那の稼ぎで遊んでいられて」みたいなこという男友達に反撃したことが何度かある。
こういうのは周りか本人が気づいて指摘・更新していかない限り、恐ろしいジイさんになってしまうし、そのうち間違いなく人が離れてっちゃうのでなるべく早くどうにかした方がいいと思う。

もうひとつの「自分が若いままだと思い込んでる」は、一見「別にいいじゃないか」と思うかもしれない。確かに自分自身を若々しくキープすること、気持ちを若く持って暮らすこと自体は何ら悪くない。でも、そういう方向じゃない「若さ」は危ない。

新卒の頃からよく知ってる後輩Aくん。彼は女の子が大好きなモテ男で、ナンパの武勇伝をたくさん持っている。当時、周囲は全員Aくんより年上で、若造である彼の赤裸々でアホなナンパや浮気の話は、飲み会の鉄板ネタ。話すたびに大爆笑を巻き起こしていた。
年月が経って40歳になったAくんと飲んだ時、そこには彼の部下である20代前半男子が何人かいた。Aくんは場を盛り上げるために久しぶりに鉄板ネタを披露し始めた。私にとっては何ら変わらない光景だったけど、違ったのは周囲の反応だった。
全っ然ウケないのである。女と遊んだ話、ゲスい下ネタ…でも20代部下男子はみんな苦笑い。いや…むしろ引いてる!
その時にやっと気づいた。「Aくんは私にとって永遠に若造だけど、20代からしたらそうじゃない」と。20歳近く年上の上司の昔話、武勇伝は何よりもうっとうしい。でも話している本人はそんなつもりじゃなく、ただ「あの頃の俺のまま」なのだ。うう…書いていて自分にも当てはまって胸が痛い。

同じ人が話す同じ下ネタでも、20代のAくんが先輩たちに話す場合と、40代のA部長が部下に話す場合では意味合いと受け取られ方が全然違ってくる。このパターンでセクハラ失言しちゃうおじさん、実はとても多い。「俺は、私は、何も変わっていない」…うん、そうだね。でもあなたの立場と話を聞く相手は変わっているのだ。

女子のばんそうこう


ある程度の年齢になったら、自分の中身と実年齢とのギャップを自覚して言動を修正したり抑制したりしないと、「これまでは喜ばれたりもてはやされたりしたものが、ただの嫌がらせになってしまう」可能性が高い。かなしいけど、それが事実だ。

というわけで、あらゆるものに関する価値観と、極めて社会的に俯瞰して見た自分。これをできる限り更新していくのが、うっとうしくないおじさんおばさんになる第一歩なのかなと思う。どんな内容であろうと思想は自由だ。でもそれを「言わない分別」は、年齢と共に持っていかなきゃいけないよね。

次週に続きます!

 

 

Written by こんどうあゆみ

今日のおたより

◼︎話したこともない、同じクラスの男性に 好意を持たれてしまい、どうすればよいのでしょうか? 同じクラスになって4ヶ月、顔と名前はお互いに知っていますが、一度も話したこともないのに、その男性の友達から、その男性の好意について教えてもらいました。
私もその男性が嫌いとかではなく、むしろその好意は嬉しく思いますが、立場的にどう行動すればよいのでしょうか?(ひとみん 20歳)


ひとみんさんこんにちは!
おお…嫌いじゃなくむしろうれしい相手からの好意、いいですね。
「私はどうすればよいのか?」…はい、これはもう「何もしないで普段通りに生活する」に限ります。
ひとみんさんがその彼のことを前から「いいなあの人…仲良くしたいな」と思っていたら話しかけにゆくのもありなんですけど、そこまでではないなら、「私は気づいてません」という態度が一番いいと思います。
これはもう、話したこともない女性に好意を抱いた彼、そう彼自身が何らかの行動を起こすしかないのです。人づてに好意を伝えたって事態は動かぬ!好意を持たれた女性の方が気を使う必要なし!男性は本当に好きならいつかちゃんと行動します。アクションを起こしてこないのならその程度ということです。
何も起こっていないうちにひとみんさんの方からハシゴを降りる必要はないので、むしろ高嶺の花のように凛として毎日を自由に生きるのがいいでしょう。そんなひとみんさんの姿に彼はまた恋心をかき立てられると思うのですが、「ふふふ…どうにかしたけりゃここまでいらっしゃい」くらいの気持ちでいましょう(笑)ぶっちゃけ、そのくらいの方が男性は「得がたいひとだ」と思ったりしますから。(あゆみ)



◼︎【安さアピールと今だけ感】恋に焦っている自分にとても良い記事でした。
ついつい私なんて何者でもないし、良いとこないんで~ってハードル低いですよ。感出して、親しみやすいでしょ?って自分を売り出す癖がついています。でも、そんな人と付き合いたい人なんて、なかなかいないし相手にも失礼ですよね(ノ_<)日々コツコツ生きている事だって誇っていいのかな?と思います。
そして、大好きな人が出来た時少しでも素敵女性である為に、何より自分の為に自分をグレードアップ(料理でも、趣味をさらに深くでも)していきたいなぁと思います。(あやにぎり 28歳)

あやにぎりさんこんにちは!再びお便りありがとうございます!
そうですよね〜。親しみやすいことはいいことですが、そのために自分を必要以上に下げるなんてもったいないんですよね。日々コツコツ生きてる、それだけでもう誇っていいんです。それがさらに「日々コツコツ、とても楽しそうに生きてる」になると、それだけであやにぎりさんを見ている誰かは「素敵だなあ」と思うはずです。(あゆみ)

「女子のばんそうこう」にお便りください!

コラムに対するご感想、ご意見、共感、お悩み、相談、私の恋愛事情、男について女について、こんどうあゆみへのメッセージ…どんなことでもOKですのでお気軽にどうぞ!
(おたよりは掲載する場合もありますのでペンネームを添えて下さいね)

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。