大人女子のためのWebメディア
検索
2018年07月04日更新

エッチが不満なとき、喧嘩にならず彼氏に伝えるコツ3つ

大好きな彼氏とのエッチだけど、実はちょっと不満。でもそれを伝えると喧嘩になりそうで怖い。そんなときは、不満を前に出すのではなく「別の方法」を提案することで、前向きに受け入れてもらえます。どんな伝え方が良いのか、お話します。

1. 「こんなやり方も試してみたい」

たとえば、彼氏の抱き方が力強くてちょっと痛いなと思うとき。ストレートに「痛い」と言ってしまうと男性も気が引けてしまったり、自信をなくしたりする恐れがあります。
ネガティブな言葉は使わず、「できればこのときは力を抜いて欲しいな」とやんわりとお願いしてみる、「こんなやり方を試してみたいな」と別の方法を言ってみるなど、彼氏の抱き方を否定しない言い方を心がけてみましょう。
彼女の「お願い」であれば、すんなり受け入れるという男性は大勢います。

2. 「あなたにこうして欲しいな」

やってみたいことがあるんだけど、積極的に迫ると引かれそうで怖いときってありますよね。
強く提案すると「今までは不満だったのか」と機嫌を損ねる可能性もあります。
なので、やってみたいことは「あなたにこうして欲しいな」と甘えてみるのがベター。「あなたに」を強調することで、不満を感じさせることなく考えてもらえます。
彼女が喜んでくれるなら、と思わせるのがポイントです。

3. 「いつもありがとう」

男性が気になるのは、愛する彼女が自分とのエッチを喜んでくれているかどうか。「いつも気持ち良くしてくれてありがとう」と言われて、嫌な気持ちになる男性はいません。


今までとやり方を変えて欲しいときは、まず感謝の気持ちを伝えましょう。「ありがとう」の後でお願いすれば、彼氏の中に不安を残さず新しい方法を試せます。
不満を先に伝えてしまうと、彼氏は抱くことをためらってしまいます。より愛情を持って抱き合うには、「あなたとエッチできて幸せ」という気持ちを伝えることが一番です。

 

一番やってはいけないのは、「気持ち良くない」と彼氏の抱き方を否定すること。拒否されると、男性は愛情を伝えることを恐れるようになります。不満はなるべくポジティブな言い方を心がけることで解消できるもの、と覆いましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

37歳で出産、1児のママとして奮闘中の恋愛コラムライター。恋愛相談家として男性心理なども勉強中です。「自分の幸せは自分で決める」がモットー。器用な恋なんて要らない、芯から愛情を楽しめる自分でありたい。趣味はジム通いとカラオケ、まだまだ恋バナ大好き!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。