大人女子のためのWebメディア
検索

「大人女子」と「痛いおばさん」の違いはここにあった!

女性, 大人女子, 素敵,年齢に抗うことはできませんが、できれば痛いおばさんとは呼ばれたくありませんよね。
同じ年齢ならば、大人女子と呼ばれる素敵な女性になりたいものです。
痛いおばさんと大人女子とはどのような違いがあるのでしょうか。
今回はその違いについて詳しくお話していきます。

痛いおばさんってどんな人?

素敵に年を重ねてきた大人女子と、間違った方に年を重ねてしまった痛いおばさんには大きな差があります。
一番大きな違いは、見た目の問題です。
痛いおばさんの部類に入る人は、年齢に抗ってしまい自分が年齢を重ねたことを否定的に考えています。
そのような人はいつまでも年齢に合っていないファッションを好む傾向があります。


ミニスカートにオフショルダーなど露出の多い服装を好んだり、黄色に近い茶髪で後ろ姿だけを見れば10代後半~20代前半ぐらいに見えるのに、前から見て驚いたという経験のある人も少なくないのではないでしょうか。

年齢に見合った服装や髪型にしていないと周囲の人からも驚かれるような、痛いおばさんになってしまいます。
また、見た目は十分に大人でも、羞恥心にかけてしまったり、人に対して横柄な態度をとりやすいのも痛いおばさんの特徴です。

大人女子ってどんな人?

女性, 大人女子, 素敵,
痛いおばさんに相反するのが大人女子と呼ばれる部類の人たちです。
大人女子は、素敵に年齢を重ねてきた女性のことを指し、年相応のファッションを素敵に着こなしています。
変に若作りもせず、自分の年齢に合ったファッションを好む傾向があるでしょう。


小綺麗にしていることが多く、知的でセンスのある雰囲気を醸し出しています。
こんな大人になりたいと若い世代から憧れるのが大人女子なのです。
年齢を重ねてきても、女としての羞恥心も持ち合わせていますし、可愛らしさを残したまま成長した女性を大人女子と言います。

勘違いおばさんにならない為に必要なこと

同性から憧れる存在である大人女子と、周囲の人間から嫌われる痛いおばさんの差は自分の年齢に対する意識です。
「いつまでも若くいたい」という気持ちは誰もが持っているものですが、それが過剰になってしまうと周囲から好奇の目で見られてしまうのです。

 

アンチエイジングはとても大切ですが、若作りは度を越してしまうと痛いおばさんにしかなりませんので注意しましょう。
また、年齢に応じた価値観や感性を持ち合わせていくことも大人女子には必要不可欠です。
過去の栄光に縋り過ぎてしまうのも考えものですので注意しましょう。

素敵な大人女子を目指す

若いことはとても魅力的なことですが、年を重ねるからこそ魅力が出てくる部分もあるのです。
痛いおばさんにならない為には羞恥心を捨てず、可愛らしい女性でいることを意識するようにしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。