大人女子のためのWebメディア
検索
2018年08月14日更新

デートを絶対に断られない誘い方2段階をお伝えします!

デート断られない誘い方

あなたに好きな人がいるとします。決心してデートに誘ったみたところ・・・ 

 

「ああ・・・その日は都合が悪くてね」

「うーん・・・ちょっと考えさせて」

 

こんな答えが返ってきたら・・・ガーンですね。

せっかく勇気だして誘ったのに!もう立ち直れない!

 

ちょっと落ち着いて!

気持ちは解りますが、デートに誘うにはコツがあるんですよ。

 

2つ(場合によっては3つ)のステップをふめば、デートにも行けるし、もしその人が自分にご縁のない人であっても、そこまでは傷つかずに済みます。

 

そのうえ、その人とも気まずくならずに済みます。どんな方法なんでしょうか?詳しく見ていきましょう!

ステップ1:まずは話せるようになりましょう!

(1) あせらず最初の一歩を!

もしあなたの好きな人、デートに行きたい人が、まったく親しくない人であれば、ここからはじめてくださいね。

(もう十分親しい、挨拶や世間話くらいはできるという人であればステップ2から始めてください)

 

まずは挨拶や世間話が出来る間柄になりましょう。

月に何回かしか会わないような取引先の人であっても、笑顔であいさつしてくれる人を嫌がる人はいません。

ますは笑顔で挨拶ができる間柄を目指します。くれぐれも焦りは禁物ですよ。

(2) 次は世間話が出来るように

挨拶が出来る様になったら、次は世間話ができるようになりましょう。

ネタはなんでもいいんです。

今なら、「毎日暑いですね」「熱中症予防に良い方法はありませんかね」などという良いネタがあるじゃないですか!

 

とりあえず何か話せるようになりましょう。

あなたに好感を持ってくれている人であればここでノッてきてくれます。これは好感触ですね。

もしノッてきてくれなくてもがっかりせず、あせらず挨拶を続けて、ゆっくり関係を作っていきましょう。

ステップ2:がっつり誘わず「誘い水」を仕向けること

(1) 次のステップは「とにかく焦らず」

挨拶が出来るようになって、世間話も出来るくらい親しくなっていたら、こんな感じで話をふってみましょう。

 

「○○さんはどこによく飲みに行かれるんですか?」

「そうだね~、▼▽ってとこだよ。魚が新鮮でおいしいんだよ」

「へえ~、美味しそう!今なら鱧ですかね?私も食べてみたいです!」

 

・・・と、ここでいったん話を置きます。

注意しなければいけないことは、「一緒に行きたいです」とまでは言わないこと。

 

相手はまだ自分に興味を持ってくれているかどうかわかりません。

そこで一気に押してしまうと、万が一相手に気がない場合、気まずい空気になります。

 

もしくは「言った以上連れて行かないといけないかな・・」

と義理で誘ってくれることにはなるかもしれませんが、それってあなたにとって嬉しくないですよね。

(「義理でもいい、デートの後は私が何とかする!」ならもちろんそれでOK)

(2) 最後の仕上げ

あなたに興味を持ってくれている人なら、

ここで必ず「じゃあ一緒にいってみようか」と言ってくれます。

それを言ってもらえるように仕向けるのです。

その一言を言ってもらったら、もちろん笑顔で受けましょう!

 

大切なのはその場で、

「嬉しいです!私は今週の金曜日なんかが開いてますが○○さんはいかがですか?」

と具体的な日にちを決めてしまうこと。

 

よくありませんか?

せっかく飲みに行く約束をしたのに、

「じゃあまた今度ね」みたいにあいまいな口約束になってしまって、結局流れてしまったこと・・・。

 

せっかくここまで頑張ってきたのです。

お流れにならないためにも、ここで最後の仕上げをしっかりしておきましょう!

おまけのステップ3:気をつけることあれこれ

(1) 誘ってもらえなかった場合

ここで誘ってもらえなかった場合、彼の趣味、スポーツなどでも同じように後日、仕向けてみてください。

それでも全く誘ってもらえなかった場合・・・・。

 

いったんあきらめましょう。

 

でもどうでしょうか、

「思い切って誘って玉砕して気まずい」

ということはありませんよね。

 

それどころか

「今回はダメだったけど、いまは彼女がいるのかもしれない。・・・また良いときがくるかもしれない。それまで待つか。」

くらいな余裕がありませんか?それが大事なのです。

(2) 良い人が出来たらいつでもためそう!

モテる人は男女問わず、しつこいことをしませんし、その気がない人に執着しないもの。

また時期が来たらふっと誘ってきたりするものです。

そこをちょっと真似してみましょう。

 

この方法なら、

「彼が自分に興味があるか」をやんわり調べることも出来るし、

「だめでも玉砕ではないから、リベンジ可能」

な状態でいられますよね?

また時間をおいてトライしてみましょう。

 

そのうち自分の気が変わったり、他に良い人が見つかるかもしれません。

その時はまた、この方法で自分に興味があるのかどうか、調べてみて下さいね。

まとめ

今では女の人は強くなって、恋愛でもガンガン行っていい!と思う女の人もいるかもしれませんが、

恋愛(結婚)に関しては、「女の人が押し切る」形は、押し切った後がうまくいかないことが多いものなんです。

 

「賢い女」は誘いやすい雰囲気を出して、肝心の言葉は男の人に言わせます。

そして男の人に言葉にさせることで、自分と付き合う覚悟をさせるのです。

愛される幸せな恋愛をめざすあなたは、ぜひこの方法で好きな人とデートに持ち込んでくださいね!

 

Written by 婚活小町


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

36歳で婚活婚活スタート。様々な苦難を乗り越えて37歳で結婚相談所に入会、そこでなんと3か月で結婚。その後38歳で出産。いまでも旦那さんとは仲良し。「アラフォーの結婚は女を幸せにする」と豪語。 自分自身の経験をもとに「岸っぷちアラフォー女性がどうしたら結婚できるのか」「アラフォー女性におすすめの結婚相談所は?」を専門に記事を書いています。 URL:https://konkatu40.club/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。