大人女子のためのWebメディア
検索
2018年08月24日更新

婚活がうまくいかない…諦める前に見直してほしいこと

街コン、アプリ、友達の紹介…一生懸命頑張っているのに全然結果が出ない!思わず諦めたくなりますが、その前に一度、自分自身を振り返ってみませんか?うまくいかないヒントがあるかもしれません。

引きずっている恋はない?

過去の恋愛で引きずっているものはないでしょうか?
「もう大丈夫!」と口では言っていてもそうでないこともあります。どんなに頭の中で、あの恋は終わったものと思っても、なかなか心がついてこないということはよくあります。
婚活中、いざ素敵な人が現れても、どこかで昔の恋がちらついて比べてしまったり、踏み切れなかったり。これでは、いくら婚活を続けても結果が変わりません。
もし、引きずっている恋があるのなら、それを終わらせることが先決です。片思いならば、思い切って気持ちを伝える、元カレが気になるならもう一度話をしてみるなど、しっかり現実を受け止めることが大切なのです。
「もしかしたら」が残っている限り、婚活を続けてもうまくいかないでしょう。

自分の市場価値はどのくらい?

自分自身を、客観的に見たことはありますか?
「見ているわよ!」と思うかもしれませんが、知らず知らずのうちに、過去の評価のままアップデートされていないということは多々あります。
昔きれいだと言われたことを、何年もそのまま自己評価として受け入れている場合、戦うマーケットがずれている可能性があります。
認めるのは悔しく辛いことではありますが、きちんと自分が価値あるものとして受け入れられるマーケットで戦わない限り、婚活はうまくいきませんし、他の人の引き立て役にばかり回ってしまいます。
ネガティブポイントもきちんと認めている方が、きちんと自己管理できる魅力的な人に映るものですし、カバーや対処も可能です。目を背けずに、良いところも悪いところも認めてあげるようにしましょう。

そもそも本当に結婚したい?


結婚したいから婚活を頑張っているわけですが、本当に結婚したいと思っているのでしょうか?
一度、「なぜ」結婚したいのか考えてみてください。子どもが欲しいから、家族作って新しい生活をしてみたいから、という理由ではなく、周りがみんな結婚していくから、仕事が辛いから、など環境要因で結婚を望んでいる場合、婚活はうまくいかない可能性が高いです。


例えば、子どもが欲しいということであればなるべく早く結婚したいと考えるでしょうし、そうであれば妥協ポイントやどういう人を選ぶべきかということがおのずと見えてきます。しかし、環境要因で結婚を望んでしまうと明確なゴールが見えにくくなり、理想も高くなりがちなのです。
まずは本当に結婚したいのか、どうして結婚したいのかを改めて考えてみて、具体的な理由を見つけることから始めましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。