大人女子のためのWebメディア
検索

恋がうまく行くときに起きる現象2つ【33歳片思い時代】

「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこさんが、片思いとの付き合い方を伝授してくれる連載コラムです。今回は、恋がうまく行くときに起きる現象2つを紹介してくれました。

幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。大人になってから急に好きな人ができたりすると、「あれれ、そういえば男性と仲良くなるのってどうすればいいんだっけ?」と悩み始めてしまいますよね。でも、悩んでいるだけならいいですが、悩んでいるうちに恋が過ぎ去ってしまったら、ちょっともったいないですよね。そこで、今回は恋がうまく行く時に起きる現象についてです。

久しぶりだと不器用になる

恋が久しぶりだと緊張する

好きな人がふいにできたとしても、恋から遠ざかっていると、挙動不審になってしまうもの。心のままに素直に行動できれば問題ないのでしょうが、大人になると意識しすぎて不器用なってしまいがち。特に、過去の失敗が思い出されてくるといけません。「こういう時って、連絡していいんだっけ」「この表現は、嫌われるんだっけ?」「誘ったりすると、マズいんだっけ?」などとがんじがらめになって、まるで動けなくなってしまいます。とはいえ、何もしないでいると、恋はうまく行かないし、どうすればいいのでしょうか。

過去に捕らわれないように意識する

当たり前ですが、新しく出会う人は、以前に交流していた人とは違う人。まずはそこをしっかりと意識するのが大事です。というのも、当研究所の調査では、大人の女性の恋がうまく行かない原因の大半は、「自滅」…。

普段しない行動を取ったり、疑い深くなったり、疑いの余り相手を困らせるような行動を取るから、恋がうまくいかなくなるのです。

自滅する場合、どういう行動に出がちになるかというと、「こんな私じゃダメですよね?」という意識を発信しがちです。たとえば、男性から連絡がないと過剰に不安に感じたり、約束がキャンセルになると、「やっぱり好かれてないんだ」と思って連絡を絶ち切ってしまったり…。でも考えればわかることですが、大人には日常的に様々な用事が多発するものですから、少しくらい連絡が途絶えても仕方がない面があるのが現実。

「好かれていない前提」で考えるから悪いほうへと考えてしまい、その結果、実際の関係も悪いほうに進んでしまうのです。

うまく行くときはスルスルと行く

男性からアプローチを受ける女性

しかし、そんなトリップに引っかからないで、女性が素直に行動できれば、2人の関係はスルスルと進みます。男性だって、女性と気が合って楽しければ、関係を続けたいのです。たとえば皆様も聞いたとがあるでしょうが、「うまく行く恋愛は、不思議なほどにスルスルとうまく行く」のです。

 

ところが、疑心暗鬼な心から、「こんなにうまく行くなんておかしい」と考え始めると、暗雲が立ち込めます。「私のことが好きって本当?」「じゃあどうして誘ってくれないの?」となり、うまくいかなくなるのです。だって、そんな風に女性が変わったら、相手だってげんなりしますよね。だから、そうならないように、「うまく行ってるな」と思ったら、「きっと本当の相手だからだ」と、どんと構えていればいいのです。

2人めが登場する

恋がうまく行っている時に起こる現象がもうひとつあります。それは、「急に第2候補の男性が現れる」です。…今までは恋にあまり縁がなかったという女性でも、ステディな彼ができる前にはなぜか、もう一人「いいかも?」と思う男性が現れます。それまでの「出会いなんてどこにあるの?」と思っていた日々がまるで嘘のように、「A君もいいけど、B君も素敵」という現象が身に降りかかる。

なので、2人の素敵な男性があなたの前に現れたなら、それは恋がうまく行くサイン。「どっちを選べばいいの?」などと悩んで妙な行動を取らないで、流れに身を任せましょう。すると、自然なほどにスルスルとどちらかに決まっていきますから。

輝いているからうまくいく

輝いている女性

恋がうまく行くときって、おそらく、あなたが輝いている時なんです。だから、複数の男性があなたに注目するのでしょうし、あなたの心も開いているから、あなた自身が男性を「いい」と思える。その合図が「スルスルと恋が進む」ことだったり、「2人の人から好意を寄せられる」ことなのでしょうから、「うまくいくなんておかしい」と怪しい行動に出たりしないで、どんと構えてうまく行く恋の過程を楽しみましょう。

まとめ

●「うまく行くときは」スルスルと進む

●疑うと自滅して、恋を失うので注意!

●素敵な人が複数表れるのは、恋がうまく行く前のサイン


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。