大人女子のためのWebメディア
検索
2018年10月02日更新

初婚と再婚は何が違う?【ひかりの恋愛相談室】

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

離婚歴のある男性と結婚したい場合、状況によっては、初婚の人以上にハードルが高いこともあります。今回は、こういったお悩み相談です。

Mさんのお悩み

ウェディングドレスを着た花嫁

付き合い始めて2ヶ月の彼がいます。お互いアラフォーでバツイチ。彼は小2の子供がいて、前妻が育てていますが、成人になるまで養育費は払います。

私は彼に、今から付き合う相手は、“再婚ありき”でないと考えられないことを伝えていますが、彼の方は、再婚という形には囚われてはいません。彼自身、子供がいることもあり、今まで初婚の人とは付き合いにくかったようで、そういう意味では離婚歴ある私に対しては、安心感があるようです。

 

実は私は、完璧主義な性格から、ダイエットをしたら摂食障害になってしまうほど、性格が0か100かの極端なタイプです。最近は彼に依存しがちで、週末に一人寂しく過ごしたり、時間を持て余したりした時に過食しがちです。精神的に自立できるようなり、また彼と再婚できるようになるためには、どうすればいいでしょうか?

Mさんへの回答

再婚と初婚の違いとは

まずは、今の彼との再婚について言うと、Mさんはもう少し、自分の立場ばかりを主張しないで、相手の立場や状況を想像した方がいいかもしれません。

やはり相手にお子さんがいると、再婚は簡単な話ではなくなってきます。たとえ一緒に住んでいなくても、彼にとっては大切なお子さんです。まだ小学2年生のお子さんの気持ちを察すると、簡単に再婚しようなんて思えないのは当然のことです。子供にとって、両親の再婚は一大事ですしね。自分の親がどこか遠くに行ってしまうような感覚にもなるでしょうし。

 

それに、まだつきあって2か月。今は恋愛に舞い上がっている楽しい時期ではありますが、Mさんも彼も、一度は結婚で失敗した経験があるからこそ、そんなに簡単に再婚に踏み込めないところもあるのではないでしょうか?

なぜなら、2人とも、他の人と「一生添い遂げます」といって結婚したはずなのに、離婚したわけですよね?経験がある分、結婚生活を維持させる大変さを知っているはずです。結婚は恋愛とは違いますしね。

だから、「再婚するかどうかは、今すぐには結論出せない」と思う彼の方が、よりリアルに未来について考えていると言ってもいいかもしれません。

うまく結婚生活が維持できる人に!

結婚生活が維持できるように

正直言うと、今、Mさんが欲しいものは、「再婚」という形に過ぎません。それは「結婚」と言う形を欲しがっているだけの結婚歴のない婚活女性とそう変わりません。むしろ、結婚と離婚を経験しているにもかかわらず、そこを学んでいない方が、問題はあります。

 

今のように、相手に依存をしてしまうようなMさんが、本当にいい結婚生活を送れるでしょうか?再婚する前に、次は離婚しないためにも、“うまくやっていける自分”に変わることの方が先決です。

 

Mさんは、完璧主義とのことですが、黒か白かをすぐに決着つけるような極端な性格だと、結婚生活の維持は難しいものです。なぜなら、夫と何でも価値観が合うわけでもなければ、相手がいつも自分の理想とする行動をしてくれるとは限らないので、すぐに決着をつけないで、“グレーの状態”で様子を見られるようになることが大切だからです。

 

それは今も同じです。彼にとって、Mさんとの関係は、「いずれは再婚を考えている(であろう)」というグレーの状態です。それをMさんが「今すぐに」と結論を求めてしまっています。そんな性格のままでは、仮に再婚できたとしても、結婚生活を破たんさせる可能性は、決して低くはないでしょう。

今の幸せを味わうことが大切!

幸せそうなカップル

今ある幸せを感じ、味わうことをせずに、「もっと!もっと!」と進展ばかりを求める人は、いつだって物足りない気持ちでいて、幸せにはなれません。

それはある意味、「欲深さ」が関係しているとも言えます。「足るを知る」というのは、大人になればなるほど、大切なことです。アラフォーであれば、若い頃とは違って、成長し続けるペースは落ち、加齢と向き合っていかなくてはいけなくなってきます。そんなときに、「もっと!もっと!」と欲深く生きてしまうと、どんどん生きづらくなるでしょう。

今、独身ならではの良さもあるはずです。結婚ではなく、恋愛ならではの幸せもあるでしょう。それをもっと楽しんで、いつか再婚する機会が訪れるのを待ってみてはどうでしょうか?

 

また、自分ではどうすることもできないもの(=相手次第の幸せ)ばかりを求めている人は、満たされることはありません。自分以外の人間をコントロールすることなどできないですしね。

だったら、「相手が再婚を考えてくれない」と悩む前に、「自分が再婚するのにふさわしい人間になるためにはどうしたらいいのか?」を考え、変わっていくことの方が大切ではないでしょうか。

 

正直言うと、「1人が寂しい」「時間を持て余している」なんて、大人の発想ではありません。大人なのであれば、「自分で自分を楽しませるためには、どうしたらいいのか?」を考えるようにならないといけません。そういうのをどんどん見つけて、楽しんでいたら、独身の今でもMさんは輝くでしょうし、彼にも新たな世界の面白さを見せてあげられることもできます。

 

恋愛にばかり楽しみを見出そうとしている人は、正直言えば、人生をちょっとサボっています。もっと自分が夢中になれることを見つけてみてはどうでしょうか?

 

Mさんが今、変わるか、変わらないかで、これから幸せになれるか否かが、変わってきます。ただ単に彼が再婚してくれたところで、幸せになれるわけではないのです。今後、ちゃんと幸せになれるように、根本的な部分で自分を変えていく必要があるのです。

1人でも立っていられるように自立し、また心に余裕のある女性になって、自分から迫らなくても、彼の方から「結婚したい」と言わせられるくらいになりましょうね。

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。