大人女子のためのWebメディア
検索
2018年10月20日更新

早めに見極めたい!結婚に向かない男性を見極める方法

結婚に向かない男性

イケメンで優しく彼氏としては申し分のない男性でも、結婚に向かない男性というのが一定数存在します。うっかり結婚してから実態に気付いて大後悔ということにならないよう、早めに見極めておきたいものです。

趣味にすべてを捧げている男性

大好きな趣味にのめり込んでいる男性は浮気リスクが低めと言われていますが、趣味そのものが本命であり、妻子がいても趣味を優先してしまう男性は少なくありません。オフの時間は常に趣味ありきで、結婚したとしても変わることはないばかりか、妻は趣味を続けやすくするために家事をやってくれる家政婦のような存在とみる恐れもあります。

友だち付き合いがマメ過ぎる男性

人あたりが良く気遣いもできる男性は男女問わず人気があり、交友関係も自然と広くなります。友だちが多い男性は人柄の面でも信頼できると考えて結婚した場合、彼の交友関係の輪に自分から進んで入り込んで行けるバイタリティーがあれば良いのですが、たまの休日にもバーベキューなど友だちとのイベントに連れ出される可能性大です。彼にあまり良くない友だちがいた場合、お金の貸し借りに発展する心配もないとは言えません。

完ぺき主義の家事マイスター男性

料理好きで家事もきちんとこなす男性は、結婚後には理想的なイクメンになってくれる期待が高まりますが、度が過ぎると不幸の元になる心配があります。彼の家に遊びに行った折、ブランド物の食器などが整然と並び、よく使っているティーカップなのに茶渋が全く付いていなかったり、料理好きで実際プロ並みのご馳走を振る舞ってくれながら、キッチンが異様にキレイというのも要注意です。

家事に強いこだわりを持ち、しかも完ぺき主義ということが考えられ、結婚後に妻にも同等のレベルを求めてきた場合、息詰まる日々が待ち受けていることになります。

謝りたくないので嘘をつく男性

嘘をつく男性

自分がうっかりやらかしてしまった失敗などを指摘された場合に瞬時に人のせいにしたり、明らかに自分が悪いとわかっていながら絶対に謝らない男性も結婚には不向きです。

自分の非を他人に指摘されて相手に謝るというのは、全人生を否定されるに等しいとまで感じてる男性は少なくなく、逆ギレはまさにその抵抗手段の一つと言えます。キレるほどの瞬発力がなく、嘘で何とか逃れようとする男性のほうが、ある意味卑怯かもしれません。

金銭的にルーズ過ぎる男性

結婚生活のみならず、資本主義社会で大事なのはお金という厳然たる事実があります。子育てをして行く場合、お金がないと話にならないという社会に暮らしているだけに、金銭的にだらしない男性は結婚には全く向いていないと言えます。交際中にその気配を感じた場合、どれほど好みのタイプでも結婚相手からは除外しておくほうが無難です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。