大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 会話のきっかけ作りに困ってない?男性への自然な声のかけ方
2018年10月28日更新

会話のきっかけ作りに困ってない?男性への自然な声のかけ方

自然な声のかけかた

好きな男性にアプローチをしたいけど、そもそもどうやって会話のきっかけを作ったら良いのか分からない、という悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。
でも、実はいくつかのテンプレートを知っているだけで、会話のハードルはグッと低くなります。
この記事では、男性との会話を自然に始めるためのきっかけをいくつか紹介していきます。

大切なのは相手に興味を持つこと

会話のきっかけ

上手に会話のきっかけ作りができるようになるためには、実はきっかけを作ったその後にどんなことを話したいか決めておくことが重要です。
そのためにも、まずは『お話したいな』という気持ちではなく、『どんな人なのか知りたい!』というモチベーションを持って会話に臨むようにしましょう。


そうしなければ、せっかく会話のきっかけを作っても上手く話がはずまずに、『話しかけなければよかった…』と後悔する結果になってしまいかねません。


上手く話をはずませるためのコツは、『何か話さなきゃ!』という気持ちを捨てること。
『休日は何をしているんだろう』、『お酒は好きなのかな』、『趣味は何だろう』、というように、相手に対する興味を意識的に持っておくことで、話したいことが自然と生まれ、会話が途切れる可能性が低くなります。

会話のきっかけの作り方

会話の作り方

それでは実際に会話のきっかけを作るための方法を見ていきましょう。

おすすめのお店や商品について聞く

一番自然で簡単なのは、おすすめのお店や商品について聞くというもの。
「今度幹事をやることになったんだけど」
「弟の誕生日プレゼントに悩んでいるんだけど」
といった理由を付けて、「何かおすすめとかない?」と聞いてみましょう。
明確な理由を付けて会話を切り出すことで、仮に話が展開しなかったとしても、「教えてくれてありがとう」という言葉で自然と会話をまとめることができます。

近況を聞く

「最近仕事の調子はどう?」
「寒くなってきたけど風邪とか引いてない?」
というように、相手の近況について聞いてみるというのも良い方法です。
この方法の良いところは、相手から愚痴や悩みなどの個人的な話をうまく引き出せる可能性が高いことです。
また、もし相手の話を引き出せなかったとしても、「私は最近~」というように会話をつなげることができます。

「髪型変えた?」など相手の変化を指摘する

日頃からその男性のことをよく観察し、相手の変化に気づいてそれを指摘するのも良いでしょう。
自分の小さな変化に気づいてくれる人に対して、ほとんどの人は良い印象を持ちやすいですし、「何か心境の変化でもあったの?」というように会話を掘り下げることもできます。


もし相手の外見に変化が特に見られない場合には、「今日元気なくない?」または「今日は元気そうだね」など、相手の体調やテンションについて触れてみるのも良い方法です。


また、ある程度適当でも「もしかして元気ない?」というように声をかけると、男性は『自分のことを気にかけてくれている』と勝手に良い方向へ思い込んでくれることもあります。
例えば自分に自覚がなくても、「今日は元気なさそうだね」などと声をかけられると、少しドキっとしたり、嬉しい気持ちになったりすることが想像できるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
会話のきっかけは、いくつかのテンプレートを用意しておくと簡単に作ることができますが、相手に対する興味がなければその後の会話は続かなくなってしまいます。


『お話したい』という漠然とした気持ちだけでなく、相手への興味や関心をしっかり持った上で会話に臨むことが、男性との会話を上手に弾ませるコツなのです。
男性との会話を上手く始められない、勇気がでない、と思っている方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

悩んで苦しむ時間が大嫌い。だからこそ、嫉妬や依存に苦しまない方法、愛される、モテるための方法を徹底的に確立しました。その方法を記事にまとめて、悩んでいる女性に届けたい。そんな気持ちで配信していきます。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 会話のきっかけ作りに困ってない?男性への自然な声のかけ方
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。