大人女子のためのWebメディア
検索
2018年11月01日更新

片思いの男性とLINEを長く続けるテクニックとは

LINEを長く続けるには

片思いの男性がいる場合、できるだけ多くのコミュニケーションをとりたいものですよね。そんな時、チャット感覚で会話ができるLINEはとても便利なツールのひとつです。まだ相手のLINEを知らないという人は、勇気を出してLINEの連絡先を交換しましょう。連絡先を聞かれたことによって、あなたを異性として意識するきっかけになるかもしれません。そしてなるべくLINEを長く続けて関係を深めていきましょう。

気になる彼の「脈あり」度は?

脈あり

LINEを長く続けるテクニック論の前に、彼が脈ありかどうかを見極めるポイントを見ていきます。

 

これは男女ともに言えることですが、好きな人に対しては自分の方からLINEを送るという傾向があります。いつもあなたからLINEをしてばかりという場合、もしかしたら脈なしかもしれません。

 

しかしLINEが面倒だと思うタイプや、どのような話題を送ったらよいかわからずにLINEをしたくてもできないといった場合もあるので見極めが難しくもあります。

 

そこで判断材料になるのが、返信の速度です。

好きな人からLINEが来たとき、長い間放置する人は少ないようです。

彼から返信がすぐに来る場合、脈ありの可能性が高いと言えます。中には駆け引きをしているケースや、がっついているように見られたくないためにわざと返信を遅くするという人もいるようですが、だいたいの人は好きな人へのLINEはすぐに返したいという心理が働くようです。

 

そして脈ありのLINEの場合、どちらかといえば短文になる傾向があるようです。これは単純に長文を送って迷惑に思われたり、相手から嫌われるのを恐れているのです。相手に気を遣った短文LINEこそ、脈ありのポイントだと言えます。

また返信がスタンプのみの場合、会話を終わらせたいのかな、もしかして迷惑に思われているのかなと不安になりますが、言葉にするのが恥ずかしいときなどもスタンプを使う場合があるようです。そのときの会話の流れやタイミングなども考慮してみましょう。

彼からの「脈あり」LINEとは?

脈あり

彼が「脈あり」のときのLINEの傾向

男性が脈ありのときは、できるだけ長くLINEを続けようとする傾向があります。そのため、会話が終わらないように質問が増えたり疑問形のメッセージが多くなります。

 

?マークのメッセージがあるようなら、脈ありの可能性が高いでしょう。またスタンプで楽しませたいという心理も働くようです。会話の流れにマッチしたスタンプや、新しく購入したスタンプを送ってくるようなら好意的だと言えます。

LINEの頻度は?

好きな人とLINEをするようになると、その頻度が気になってきますね。付き合う前ならば、2、3日に1回程度が適当と考える人が多いようです。

しかし恋愛の初期には女性より男性のほうが気持ちが盛り上がる傾向が強いため、毎日LINEでコミュニケーションをとりたいと考える人も少なくないようです。気になる彼から毎日LINEが来るようなら、かなりの確立で脈ありと言えるでしょう。

LINEのやりとりをしやすいタイミングとは

いつでもコミュニケーションがとれるLINEですが、やりとりをするタイミングは重要です。相手が忙しい時間帯や、深夜や早朝などにメッセージをして非常識な印象を与えてしまってはマイナスポイントになってしまいます。

 

比較的やりとりがしやすい時間帯は、昼のランチタイム、電車通勤の場合には出勤時間か夕方の帰宅時間などでしょう。一番おすすめのタイミングは、リラックスして相手と向き合える就寝前です。眠る前のやりとりで、相手に印象づけることができます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter