大人女子のためのWebメディア
検索
2018年11月23日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第九十三回目。

西山繭子のそれでも恋がしたいんだ

先週は仕事が終わってから同じ男と3回も夕食を共にしていたのですが、それが父親というのは、もう非常にマズい事態だなと思います。父も少しマズいと思ったのか、3回目に会った時には居合わせた知人に「何か良縁がございましたら」なんて申しておりました。

そういった場合、みなさん親子の手前「こんなにお綺麗なのだから、いくらでもお相手なんていらっしゃいますでしょう?」とおっしゃいますが、私が「いやー、もう40歳なもんで。ポリポリ」となると、少し表情が変わります。「あら、まあ!お若く見えるのね」しかしどんなに若く見えようと、結局のところ人格も子宮も40歳ですから、やはり良縁というのは難しい。

 

20代のうちに自ら良縁を望んでいればなあ。いや、違う。一度望んだことはあったぞ。それも父親に。

そう、それは私がまだ20代のピチピチしていた頃、父に親交のある松井秀喜さんを紹介して欲しいと頼んだことがありました。しかし、その時の答えが「松井くんは球界の宝だから、君みたいな女には紹介しない」でした。

 

すごい言われようだな、娘。その当時は「チッ」と思っていましたが、数年前、実際に松井さんにお会いしてみて、気軽に紹介してくれなんて言った自分に大反省なのでありました。

 

待ち合わせをしたNYの街角、時間ぴったりに現れた松井さんは、物凄いオーラを放ちながらも「はじめまして。松井です」と気さくに挨拶をしてくれました。

 

スーパースターを目の前にして、私は「あああ!ど、ど、どうも!はじまして、西山繭子です!えーっとですね、まず、こ、こ、これが父からの預かりものでして」とあたふた。

松井さんが「昨日ちょうど見ていたDVDに繭子さんが出られていたので、びっくりしちゃいました。『鍵のかかった部屋』っていうドラマです」と気を遣ってくださっているというのに、とにかく任務を遂行することで頭がいっぱいの私は「あ、そうですか!で、次にですね、これとこれとこれにサインをいただけますか?あ、これもだ」とボールやらキャップやらを次々に渡していく始末。そんな私に松井さんは嫌な顔一つせず、サラサラとサインを書いていきます。

 

途中、街行くニューヨーカーからかけられる「マツーイ」という声にも、軽やかに顔を向けて応えます。私は、途中から冗談ではなく「あれ?私、今、神様といるのかもしれない」と思いました。あの時、父が私を紹介しなくて本当に良かった。

もちろん紹介されたところで、松井さんが見向くはずもないのだが、神様と生活するなんて私には考えられない。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。