大人女子のためのWebメディア
検索
2018年12月07日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第九十五回目。

西山繭子のそれでも恋がしたいんだ

 

年齢を重ねるごとにブランド物の高価なバッグに興味がなくなり、最近はもっぱらエコバッグばかりです。

パリの百貨店『ボン・マルシェ』の物、サンフランシスコのレコード屋『Amoeba』の物、クロアチア観光局でもらった物、Bruno Marsのノベリティなどなど何枚もあるのですが、その中で一番のお気に入りはNYの老舗本屋『ストランド・ブック・ストア』の物です。

お土産としても有名なので、持っている方も多いと思います。

 

店では色んなデザインの物が売られているのですが、私の愛用している物はバッグの全面に映画監督ジョン・ウォーターズの格言がプリントされています。

 

『If you go home with somebody,& They don’t have books, Don’t fuck them』

訳すと「家に本がないような男と寝てはならない」となります。

 

ああ!素晴らしい言葉!

このバッグをレジに持って行った時、店員のおじさんは私の目を見て「よし」といった風に大きく頷きました。

 

今では電車に乗っていると、ほとんどの人がスマホと睨めっこで、なかなか本を手にしている人を見かけません。そんな中で読書をしている男性は、3割増しで素敵にうつります。何を読んでいるのかなと思わず覗き込んでしまう。

 

先日は高校生の男の子が夏目漱石『こころ』を読んでいて、おばさん感激。どういう育て方をしたらあんな風になるんだろうなあ。

 

私の甥っ子なんてサッカーの本しか読んでいないよ。そういえば昔、サッカースペイン代表のインタビューで『好きな本は?』という質問に『マラドーナの自伝』『ジダンの自伝』『ペレの自伝』という予想通りの答えがばんばん返ってくる中、フアン・マタは『ノルウェイの森』と答えていました。胸キュン。

 

しかし、私の経験上でこれまでに家に本棚があるという男性はなかなおりませんでした。あったとしても漫画がずらりとかで、がっかりするばかり。

 

そんな中、20代後半に一緒にいた電気、水道をしょっちゅう止められる貧乏な彼氏の本棚はとても魅力的でした。当時、小説を書き始めたばかりの私に「西山さんの文章を読んでみたけど、長嶋有とか好きだと思うよ」とブックオフの値札が貼ったままの文庫本を手渡してくれました。

 

保坂和志や阿部和重などなど、彼を通して好きになった作家は数知れず。結局、彼とは寒い冬が越せずにお別れしてしまいましたが、唯一文学的な話ができる人でありました。

 

次に出会う人は、またそんな風に本の話ができる人が良いなあと思いながら、例のエコバッグを持ち歩いている私なのでありますが、先日山手線の中でそのバッグを見て話しかけてきた男性がいました。インド系外国人と思わしき彼は「あい はぶ あ ぶっく」と私の横で微笑みを浮かべて囁いてきたのです。

「あ ぶっく」って、1冊じゃないか…。理想の男性に出会うのは、なかなか難しいようです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。