大人女子のためのWebメディア
検索
2018年12月17日更新

ストライクゾーンが狭すぎて彼氏ができない女性の対処法

素敵なルックスを持っているのに彼氏ができない人は、ストライクゾーンが狭すぎるのかもしれません。そんな女性は意識改革で、出会いを探しましょう。

結婚前提をやめよう

ストライクゾーンが狭い理由として、常に結婚前提で相手を見てしまっているのかもしれません。結婚前提で相手を見ると、どうしても相手に理想を求めてしまうものなので、まずは気軽に恋愛から始める目線を持ちましょう。恋愛してダメだったら次を探せばいい、このくらいの気持ちで相手を観察できるようになると、ストライクゾーンはかなり広がってくるはずです。絶好球ばかり狙っていると、本当は相性の良いパートナーまで見逃してしまいます。

減点方式は危険

ストライクゾーンの狭い女性を確認してみると、男性を減点方式で評価してしまっている女性が多いです。これに加えて、元々がマイナス思考の女性だと、かなり厳しい採点になってしまい、結局は、自分に見合った男性がいない、という感じになってしまいます。そのため、男性を見る場合には、減点方式ではなく、どんな良いところがあるのかを見ていくとよいでしょう。そうすることによって、新たな価値観が生まれ、ストライクゾーンが自然に広がってくるはずです。ストライクゾーンが狭い理由には、男性の魅力を捉えるための訓練がされていないことも挙げられます。

広い視野で出会いを探そう!

婚活や出会いパーティーの観点から男性を評価する女性は、ストライクゾーンが狭くなりがちです。これらの方法で男性を探す場合、多くが相手のことをよく知りません。そのため、年収やルックス、性格など、一般的な基準で評価してしまうのは当然です。この評価方法だと、対象の男性の知られざる魅力については理解できないので、当然、ストライクゾーンが狭くなります。婚活や出会いパーティーに参加するのもよいのですが、たまには別の視点から出会いを探すことも大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。