大人女子のためのWebメディア
検索
2019年01月04日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第九十六回目。

西山繭子のそれでも恋がしたいんだ

Grapps読者のみなさま、新年あけましておめでとうございます!年末年始はゆっくりできましたか?

シングルの方は、次の恋に向けてしっかり充電できましたか?

 

「今年こそは」と言うのはもう100回目ですが、それでも使います。今年こそは恋をしたい。何が何でも恋をしたい。全てを犠牲にしてでも恋をしたい。いや、それは言い過ぎだ。貯金と睡眠時間と買ったばかりのバーキンは死守したい。うん。それ以外であれば犠牲もやむを得ない。今年はそれぐらいの覚悟をもって挑もうと思います。

 

昨年を振り返ると、恋に対する貪欲さが私には足りませんでした。そもそも40歳の私に出会いの場がたくさんあるはずないのに、友人に「バツイチだけど、いい人いるよ。50歳。紹介しようか?」と言われて「うーん、バツイチかあ…。50歳かあ…。今回は遠慮しておく」と断ってしまうという身の程知らず。ヒュー・ジャックマンみたいな50歳が来るかもしれないのにねえ。(絶対に来ない)

 

まずは会ってみることが大切だというのはわかっているのですが、会った瞬間にアリ・ナシ判定が出てしまう私としては、紹介というのは何とも心苦しい。私のナシ判定は、どんなことがあろうと覆らないので、ピンとこなければそれでおしまい。しかし、会ってすぐに「ピンとこなかったので帰ります」と踵を返すわけにもいきません。さらに地獄なのは、相手だけが私のことを気に入ってしまうというパティーン。友人の手前、邪見にも扱えないしね。なので、人を介さない出会いが望ましいのです。そんな世の中うまくいかないよー、とお思いのあなた!

 

私は先日、山手線でミラクルな出会いの場に遭遇しましたよ。帰宅ラッシュでそこそこ混んでいた車内でのことです。遠藤周作著『女の一生』を読みながら難しい顔をしていた私の耳に「すみません!ひっかかっちゃいました!」という声が飛び込んできました。目を向けると、そこには焦った様子の大学生風の男の子と女の子。よく見ると、彼が背負っていたリュックの金具が女の子のニットにひっかかっていたのです。男の子が取ろうとするも、なかなかうまくいきません。女の子が「あの私…、次で降りるんですけど…」と言うと、男の子が「あ!僕もです!」と答えました。

 

二人は顔を見合わせてはにかんだように笑い、「同じ駅で良かったですね」とひっかかったまま恵比寿駅で降りて行きました。私はその様子を見て思いました。リブニットなんて着てる場合じゃねえ!メッシュだ、メッシュ!金具にひっかかりやすいメッシュ着るぞ!

 

2019年の西山繭子は、この貪欲さで恋に邁進していきたいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。