大人女子のためのWebメディア
検索
2019年01月09日更新

男性が重荷に感じない「束縛」の仕方

男性が重荷に感じない「束縛」の仕方画像

女性に束縛されるのは重たいけれど、まったく束縛されないというのもどこか寂しさを感じるものです。そこで男性が喜ぶちょうどいい束縛の仕方をご紹介します。

冗談交じりで拗ねてみる

彼が他の女性と親しげに話しているのを目にしたら、嫉妬からついつい束縛したくなる女性も多いでしょう。しかし、「今のは誰?」と問い詰めたり、明らかに機嫌を損ねたりすれば重たい女だと思われる可能性があります。

そんな時は軽く拗ねた仕草を見せつつも冗談で終わらせることが大切です。男性からするとちょっと拗ねた女性の仕草は可愛く感じられますし、冗談で終わらせれば重たいと思われることもほとんどないでしょう。

さりげないペアグッズ

さりげないペアグッズをプレゼントするのも男性が喜ぶ束縛のひとつです。特にペンやキーホルダーなど使用頻度が高いけれど、すぐにペアグッズだとわからないものはペアグッズが苦手な男性でも使いやすいアイテムです。

逆に注意したいのが服のペアルックなど明らかにペアグッズだとわかるアイテムです。こうしたグッズは恥ずかしいだけでなく、重たい束縛と受け取られる可能性があるので避けた方が無難です。ペアグッズで男性と自分が恋人関係ということを周囲の人にアピールする必要はありません。お互い同じものを使っているという気持ちの共有だけで十分と言えます。

束縛の頻度も大切

男性が束縛を嫌がる原因はその内容よりも頻度の問題であることが少なくありません。例えば、男性が飲み会に行くと言った場合、その場所に女性がいることがわかれば嫉妬から束縛したくなる女性は多いでしょう。

もちろん、男性もこうした女性の気持ちはわかっていることが多いですが、かといって毎回のように詮索されたり束縛されたりすると人間関係に支障をきたしてしまうことにもなりかねません。同じような束縛の仕方や頻度が高ければ重たいと思われがちな束縛でも、たまになら「これはよっぽど嫌なんだな」と男性に気づかせることもできます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。