大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「気が合うな」と思わせる「ミラーリングテクニック」とは?
2019年01月10日更新

「気が合うな」と思わせる「ミラーリングテクニック」とは?

「気が合うな」と思わせる「ミラーリングテクニック」とは?

気になるあの人を振り向かせたい、両思いになりたいときに使えるのが、ミラーリングテクニックです。そこで恋愛テクニックのミラーリングテクニックについて紹介します。

ミラーリングテクニックとは?

ミラーリングテクニックは恋愛などの男女の駆け引きだけでなく、営業などのビジネスシーンでも使われているテクニックです。ミラーリングテクニックという言葉通り「鏡」という意味があり、相手の仕草を鏡に映したときのように真似をします。

ミラーリングテクニックの種類

ミラーリングテクニックにはいくつかの種類があり、仕草や動きを真似るものや相手の呼吸のスピードに合わせる、声のトーンを合わせることやオウム返しがあります。

 

仕草や動きを真似するのは目の前にいる人の動きと同じことをするだけで、相手が飲み物を口にしたら自分も飲み、髪を触ったら自分も触るというものです。表情を真似することもポイントで、笑顔で話しをしているなら自分も笑顔を、寂しそうな顔をしていたら寂しそうな表情をします。

似たような表情にすることで「この人は私と同じ感情を持っている」「自分の気持ちを理解してくれている」と思ってくれることがあるのです。自分に共感してくれる人物だと認識されて、二人の距離は縮みやすくなります。

 

呼吸のペースを合わせると会話のスピードがぴったりになり、相手が自分と喋りやすくなります。言いたいことを言いたいタイミングで言葉に出来るようになるので、相手は居心地良くなるのです。相手が息を吸ったら自分も息を吸い、吐いたタイミングで息を吐くだけです。

声のトーンを合わせるときには、相手の話しているトーンに自分も合わせます。テンションが高い人には自分も高いトーンで、落ち着いているのなら低いトーンで話しをします。

 

トーンやテンションが違うと話が合わないと感じられてしまうことがあるので、気になる相手の声のトーンに合わせるだけでも気が合うと思わせることが可能なのです。オウム返しはそっくりそのまま相手の言葉を返すのではなく、「そうなんですね」と共感の気持ちも付け加えるようにすると自然です。

ミラーリングテクニックの注意点

ミラーリングテクニックはやり過ぎると不自然に思われることもあります。あくまでも会話の中で自然にやることが大切で、無理矢理テクニックを駆使しないことです。さらに日頃から相手を観察して言いそうな言葉ややりそうな仕草を覚えて、少し練習します。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「気が合うな」と思わせる「ミラーリングテクニック」とは?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。