大人女子のためのWebメディア
検索
2019年01月17日更新

付き合う前の映画デートのメリットとデメリット

付き合う前の映画デートのメリットとデメリット

デートと言えば映画は選択肢の中にまず浮かび上がってくるものです。付き合う前に映画デートをすることにどのようなメリットやデメリットがあるのかを見ていきましょう。

話しが続かなくても場が持つメリット

まだお付き合いをしているという段階ではなく、これから相手を知っていくという場合、なかなか会話が続かないということになってしまいがちです。異性と話すという事も緊張してしまうという方もいるでしょう。そのような方にとっては映画デートは会話が無くても成立するという事で大きなメリットをもたらします。共通の話題が無くても観た映画について話すという事もできますし、映画を見ている間は相手に気を遣う必要がありません。デートに慣れていない人でも取り組みやすいデートコースといえるでしょう。

共通の経験が生まれる

親しくなっていくためにはある程度共通の経験を積み上げていく必要があります。それによって相手を深く知っていくことが出来ますし、連帯感も生まれやすくなり仲を深めやすくなるのです。しかし、性別が異なり趣味などにも共通の物がないというときには、なかなか同じ経験をするということが難しくなります。その点、映画を見るという事であれば得意不得意に関係なくできることですから、共通の経験が生まれやすくなります。その経験は今後の会話に活かせるなど、二人の仲を深めるきっかけとなってくれるのです。

趣味が合わないと苦痛になることも

映画は作品によって好みが分かれることがあります。どちらかにとって好みの作品でも、相手にとっては見たくない物であったという事も出てきてしまうのです。それで長時間拘束されてしまうのですから、不快感や退屈さを感じてしまう事も多くなります。相手にこのような感情をもたらしてはせっかくの映画デートも逆効果になってしまうでしょう。この点が大きなデメリットです。相手の趣味を聞いてみるなどして作品選びをしていくのが鍵となります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。