大人女子のためのWebメディア
検索
2019年02月01日更新

男性がデートをドタキャンしたくなる時あるある

男性がデートをドタキャンしたくなる時あるある

突然、男性にデートのドタキャンをされてしまった時、女性としてはなぜ?という気持ちにさせられますよね。一体どういった時に男性はドタキャンをしてしまうのでしょう。

いきなり面倒になった

デートの約束をしたものの、気分が変わって面倒になったのが理由のひとつです。約束をした時は気分も乗っていたのですが、時間の経過と共に冷めてしまうことがあります。ただ、本気で好きな相手の場合はドタキャンをすることは少ないため、約束を反故にされたのは気持ちがないことの表れとも言えるでしょう。

もっと楽しい予定が入った

デートよりも、もっと楽しめそうな約束が入った時にドタキャンをする男性もいます。例えば、友達から飲みの誘いが入った、あるいは合コンなど、異性関係の誘いの可能性もあり得るでしょう。自分が楽しめそうな方を優先する人もいますので、男性からすれば内心、デートには行ってられないという心境になっているかもしれません。とはいえ、本音を伝えると自分の印象が悪くなりますので、別の誘いが入ったなどとは素直に言わないでしょう。

実は行きたくないデート場所

あまり行きたくないデート内容だった可能性もあり得ます。遊園地に行く約束をしたものの実はあまり好きではなく、やっぱり行きたくない心理になることもあります。女性からすると、最初から言ってくれれば良かったと思うものですが、その時のノリだけで決めてしまう男性もいるのです。

仕事などで疲れた

単に疲れているから、という理由もひとつですね。真剣に好きな相手なら疲れも吹っ飛びデートもできるかもしれませんが、そうではないと事情は違ってきます。ゆっくりと休みたい気持ちを優先させて、デートはキャンセルしようという心理になる男性がいてもおかしくありません。しかしさすがに疲れを理由にキャンセルするのも女性に失礼ですので、仕事が入ったなどの、もっともらしい理由で断る男性もいます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。