大人女子のためのWebメディア
検索
2019年02月01日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第九十八回目。

西山繭子のそれでも恋がしたいんだ

 

少し前の話ですが、年末年始を私はポーランドで過ごしました。一番の目的は大晦日にアウシュビッツ強制収容所に行くことで、それはそれは貴重な時間を過ごすことができました。そこで私は一人の青年と出会いました。

 

29歳の彼も一人旅だったので、博物館などが全て閉まっている元日は昼からビールを飲み、翌日も朝から一緒にクラクフの街をまわりました。出会ったばかりの人とあれほどずっと一緒にいられたのは「旅先だから」の一言につきますが、まあ大晦日に一人でアウシュビッツに行くという人間同士だから心が向いている方は一緒だったのでしょう。私たちは真面目な話をたくさんしました。戦争のこと、仕事のこと、家族のこと。彼はまだ20代だというのに、すごくしっかりした考えを持っていて、適当人間の私などは感心しっぱなしでありました。

 

クラクフ最後の夜、教会で行われたコンサートを見た帰り道で、絵葉書を買うために私たちはお土産屋さんに寄りました。私が旅先では必ず絵葉書を出すという話をした時、彼は「いいですね。早速真似します」と言い、即実行。若さゆえの素直さだなあ。いいなあ、29歳。その店を出た私たちに「すみません!」と日本語で声がかかりました。振り返ると、そこには可愛いらしいお嬢さんがおりまして「これ、違います?落としはったんじゃないかなって」と愛くるしい京都弁で、拾ったお札を青年に向かって差し出していました。突然のことに戸惑いながらも、彼はそのお札を「ありがとうございます」と受け取ったのですが、その時の彼の顔が、それまで私と一緒にいた時にはまったく見せなかった表情だったんですよね。可愛い女の子を前にした普通の男の子としての一面。しっかりしていて大人だと勝手に思っていたけれど、同世代の子と一緒にいる時の彼はこんな感じなのだろうなあ。彼よりだいぶ年上の私にはその顔は引き出せなかったなあ。そう思ったら、クラクフの凍てつく夜気のせいもあり鼻の奥がつんとなりました。

 

翌日、私は帰国の途に着くためタクシーで空港へ。雪がちらつくどこか物哀しい景色をぼんやりと眺めていた時のことです。信号待ちで止まった車の目の前に突如現れたどデカイBon Joviの看板。それは7月に行われるワルシャワ公演のお知らせでした。じっとそれを見る私に、運転手のおっちゃんが「Bon Joviが好きなのか?」と尋ねてきました。「すごいファンではないけど、少し前に日本でコンサートがあったから行ったよ」と答えると「わお!」と笑顔になり、何やら自分のスマホをいじり始めました。そしてスマホから流れてきたのは泣く子も黙る名曲『Livin’ On A Prayer』。ポーランドの古都クラクフで、まさかのBon Jovi。しかしそこはされどBon Jovi。そこから、おっちゃんと私の大合唱が始まりました。「おーおっ!りーびおなぷれいや!」私のノリノリぶりにおっちゃんは「こんな陽気な日本人に会ったのは初めてだ」とご満悦。もし私が29歳だったらBon Joviを歌うことはなかったでしょう。そしておっちゃんの笑顔を見ることもなかったでしょう。うん、これでいいのだ。年齢を嘆いている場合ではない。41歳には41歳の生き方があるのだから。It’s My Life! あらやだ!最後のしめまでBon Jovi


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。