大人女子のためのWebメディア
検索
2019年02月15日更新

LINEで既読スルーされた時に。返信を催促する方法とは?

LINEで既読スルーされた時に。返信を催促する方法とは?

せっかくLINEを送ったのに既読スルーされてしまったという経験があるかもしれません。このようなときにどんな対策があるのでしょうか。

ストレートに催促してみよう

既読スルーは意図的なものの場合もあり、そのままフェードアウトを考えている可能性もないわけではありません。しかし、とりあえずLINEは見たけれど、あまりに仕事が忙しくて返信できないでいるという可能性もあります。まずは返信を待っていますというストレートに催促することを考えましょう。

催促するときには自分と相手の立場を考えよう

どんな催促の言葉が良いかはケースバイケースです。自分と相手の立場をよく考えて、適切な言葉を選ぶのが肝心です。相手が仕事ばかりしている人のようなら、お仕事お疲れ様、お忙しいですかといった一言を添えておくのが良いでしょう。いつも自分ばかりLINEを送っているというのなら、鬱陶しかったらごめんという一言があると相手も返信しやすくなります。

言葉が見つからないなら

LINEで催促しようと思っても、良い言葉が見つからないという場合もあります。本当に忘れているだけで、相手に返信したいという気持ちがあるなら、気づかせてあげるだけで大丈夫です。スタンプを送るだけというのは簡単な催促方法なので、自分の気持ちをはっきりと表してくれるスタンプを探しておきましょう。また、元気?などといったほんの一言のメッセージを送ってみるのも簡便な方法です。

LINE以外の方法での催促も効果的

相手の男性がLINEをあまり使い慣れていないという可能性もあります。返信するのが手間で先延ばしにしてしまっていることもあるので、別の方法で催促してみるのも良いでしょう。メールアドレスを知っているならメールを送るのが簡単な方法です。スマートフォンをあまり使いこなせていないかもしれないという感じがしたら、SMSではなくパソコンでも見られるメールにするのが良いでしょう、電話で連絡してみる方法もありますが、最後の手段として残しておくのが無難です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。