大人女子のためのWebメディア
検索
2019年02月14日更新

彼のキスを自分好みにするための一言

彼のキスを自分好みにするための一言

彼氏とのキスにがっかりしたという女性は意外と多いですよね。どうにか彼のキスを自分好みにしたい人に、今回はおすすめの一言をいくつか紹介していきます。

「もう一回」と自分からキスをする

どんなに自分好みのキスがあっても、それを彼に言葉で伝えてもなかなか伝わらないですよね。
そのような場合にはキスをされた時に「もう一回しよう」と自分から彼にキスをして、自分がどのようなキスをしたいのか実践してみることがおすすめです。この時真剣にやってしまうと彼にプレッシャーを与えてしまう可能性があるので、冗談っぽく明るい感じで練習してみると徐々に彼もどのようなキスがいいのか覚えていきやすいとされています。
あくまでも相手を傷つけず、楽しくキスの仕方を覚えていけるので恋愛経験が少ない彼や年下の彼相手におすすめの一言です。

「少しずつ上手になってね」と相手に自覚させる

なかなか彼にキスが下手だと指摘することが難しい場合は、それとなくキスが自分の好みではないことや不満を持っていることを相手に伝える一言が効果的です。場合によっては彼がショックを受けてキスを遠慮がちになってしまう可能性もありますが、そのような時には自分からキスをするようにして練習する機会を増やしていくことも必要となります。
また具体的にどのようなキスをしてほしいのかを伝えることも男性には必要なので、「こういうキスをしてほしい」、「私はこうしてくれる方が好き」と実践しながら具体的なやり方をレクチャーしていくことも大切です。”

ドラマなどで「ああいうキスがしたい」と伝える

“言葉でなかなか具体的に自分がしたいキスを伝えることができない場合には、ドラマや映画などのキスシーンを参考にしてもらうという手もあります。言葉ではあまりイメージがつかない彼も映像で見ることで理解しやすくなりますし、鑑賞後にキスを真似ることで雰囲気を楽しみながら練習することができるのでおすすめです。
どうしてもドラマや映画で理想のキスシーンが見当たらない場合には、雑誌などの写真でもいいので視覚から訴えてみるとわかりやすくなります。

上手にできたら「今みたいなキスが好き」と伝える

自分好みのキスをしてほしい場合は違うことを指摘するばかりではなく、彼が自分好みのキスをしてくれた時に褒める一言も大切ですよね。何度かキスをする中で徐々に自分好みのキスを覚えてくれた彼に対して、「今みたいなキスが好き」と嬉しそうに褒めれば彼も自分のキスに自信を持ってくれるようになります。
特に男性の中には褒めると伸びる人も少なくないですし、ダメ出しばかりではキスがトラウマになってしまう人もいます。このためうまくできた時にはしっかり褒める一言も、自分好みのキスをしてもらうためには不可欠です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。