大人女子のためのWebメディア
検索

成功するデートの誘い方「ダブルバインド」を利用せよ!

成功するデートの誘い方「ダブルバインド」を利用せよ!

失敗したくて好きな人をデートに誘う人はいません。デートをオーケーしてもらえる確率を少しでも上げるためには、「ダブルバインド」の活用が有効です。詳しく見てみましょう。

人間心理からアプローチ!ダブルバインドとは

ダブルバインドとは、日本語に直すと「二重拘束」という意味です。相手に相反する二つの対応を取ることで、ストレスを与えて意思決定の力を鈍らせる心理テクニックです。

説明だけだと怖い印象を持たれますが、適度なダブルバインドは恋愛を円滑に進めるうえで役に立ちます。ドキドキしたり不安定だったりと、ちょっとしたストレスこそが恋愛の醍醐味でもあります。そういう意味でもダブルバインドは恋愛向きの手法といえるでしょう。

普通の誘い方とダブルバインドを用いた誘い方の違い

デートを誘うとき、「食事に行きませんか」や「〇日か〇日空いていますか」というような聞き方をすると、「食事はちょっと……」「どちらも空いていません」などと断られてしまう可能性があります。

ダブルバインドは、上記のような相手に断る隙を与える誘い方ではなく、最初から「断る選択肢」を排除した誘い方となります。

具体的には、「食事に行くならパスタと和食どちらがいいですか」や「〇日と〇日どちらが都合がよいですか」という聞き方に変えるのです。「イエスかノー」ではなく、「AかBか」という返答をすることになるので、どちらを選んでもデートに行くことが前提の返事となります。

この方が相手も断るという選択をしづらく、誘いに乗ってもらえる確率がぐんとアップするのです。

ダブルバインドは前向きな誘い方

それに、様子伺いのような誘い方よりも、前向きに誘われた方が、相手もポジティブな気持ちになります。退路を潰す心理誘導というだけではなく、ダブルバインドは相手に好感を持ってもらえる誘い方でもあるのです。本当にどうしても嫌ならば相手も断わりますので、そのときは潔く一旦引きましょう。しつこくしないことが大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。