大人女子のためのWebメディア
検索
2019年03月12日更新

男性に別れを思いとどまらせる一言とは?

男性に別れを思いとどまらせる一言とは?

賢い女性は、別れの際にも冷静に頭を使います。別れたくないならイチかバチか、彼に別れを思いとどまらせる言葉をかけてみるのもひとつです。男性が別れを躊躇する一言を紹介します。

1.「初めて会ったとき覚えてる?」

二人の出会った頃の楽しい思い出を振り返る言葉は、彼にとってもどこか懐かしくて胸が熱くなるものです。彼が別れようと言ったときには、「初めてのデート楽しかったね!」「あのとき出会えて幸せだったよ」などと、二人が仲良かった昔を思い出すようなことを言ってみましょう。特に彼が喧嘩口調で冷静さを欠いているときに、出会いを懐かしむ言葉は別れを留める力を持つことがあります。彼の頭の中に楽しかった思い出が次々と巡り、彼女への怒りが少しずつ薄れることでしょう。

2.「○○のこと好きだったよ」「今も大好きだよ」

別れ際に、「好き」という言葉を改めて彼に伝えることで別れずに済んだカップルもいます。付き合い始めはお互いに、「好き」と言い合うこともあったでしょう。けれども付き合いが長くなってくると、改めて相手に「好き」だと伝えることも減ってきますよね。別れを切り出されたときに、「やっぱり好き」とか、「○○のこと、好きだったよ」と素直に言ってみると、彼も「ハッ」とするかもしれません。普段「好き」と言っていなかったカップルほど、別れを思いとどまらせる効果は高いといえるでしょう。

3.「わたしが悪かった。ごめんなさい。別れたくない」

別れの原因はカップルによってさまざまですが、中には解決できる問題もあります。言い合いになって女性側が強がってしまうと、事態が大きくなって別れへとつながるパターンも多いです。後悔しないためにも、最後はやはり強がりは捨てて素直に謝りましょう。「ごめんなさい」と反省している気持ちを述べて、その後に「別れたくない」としっかりと伝えます。いつも意地を張ってばかりの彼女が、こんなふうに謝って「別れたくない」と言っている姿は、彼の目になんだか愛おしく映るものです。可愛いなと改めて思って、彼女のことを許してしまう男性も多いはずです。

4.「分かった。わたしは1人で生きていくから大丈夫だよ」

いつも強がっている女性なら、素直に謝って彼にすがりつくことでやり直せる可能性があります。反対に、彼氏にいつも頼ってきた女性の場合は、「わたし、1人でも大丈夫だよ」と少し無理して強がってみましょう。そうすると、いつもと違う彼女の態度に彼は少し驚き、そして心配になるはずです。「1人にしても大丈夫だろうか?」と、放っておけなくなるのです。別れたくないのであれば、いつもと違う自分を出してみるのもひとつの方法と言えます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。