大人女子のためのWebメディア
検索
2019年03月20日更新

男性が年下の女性から言われて「ドキっ」とした一言

男性が年下の女性から言われて「ドキっ」とした一言

先輩や上司など年上の男性に好感を抱く女性は多くいます。ここでは好意のある年上男性に意識してもらうために欠かせない男性を「ドキっ」とさせる一言を紹介していきます。

「先輩」が、ありふれているけど響く!

ありふれている言葉ですが、後輩からでないと呼ばれないのがこの一言です。自分の名前やニックネームに先輩を付けて呼ばれるだけで男性をドキッとさせる効果は抜群です。

多くの男性にとって「先輩」という言葉は特別な響きを持つようです。様々な場面で使える汎用性の高さもポイントの一つと言えるでしょう。

「名前で呼んでください!」

普段は名字で呼ばれている人が、「名前で呼んでください」と言うことでもっと親しくなりたい気持ちをアピールすることにつながります。先輩、後輩という枠組みにとらわれずにもっと気軽に話せる関係になりたいという意図を伝えるには最適です。

ただし、名前呼びを断られる場合もありますので、その時は暗くならずに明るくふるまうように心がけましょう。

「手加減しないでくださいね」

女性だからといって特別扱いをするのではなく対等に扱ってほしいという思いを伝える一言です。年下と思って対応していたのに対等な立場に立ちたいという強い意思の表れに男性をドキッとさせることができます。

「頼りになります!」

男性に女性から頼られて悪い気がするという人はあまりいません。むしろ他人から頼られることで自分はできるのだと自信を深める人も多いです。

まずは、相手のことを知り、相手が得意とすることをほめてから、頼るとより良いでしょう。ただし、相手があまり得意でないことや何でもかんでもというのはわざとらしさが出るのでやめておいた方が良いです。

「実は憧れていました」

漫画などでありがちなシチュエーションですが、男性がいつかは言われてみたいと思っている一言でもあります。ずっと見ていたのですが、今まで言い出せなくてなどという遠慮やテレも男性をドキッとさせるでしょう。

「年の差って気にしますか?」

年が離れている場合、年の差の許容範囲を聞くことで好意があるというアプローチになる一言です。今まで意識されていなかった女性でもこの一言を言うことで恋愛を意識させると同時に「俺に気があるの?」とドキッとさせることができます。距離をすぐに縮めたいと思っているときに使うとより効果的です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。