大人女子のためのWebメディア
検索
2019年03月24日更新

男性が「この子とは両思いだ!」と感じる瞬間とは?

男性が「この子とは両思いだ!」と感じる瞬間とは?1画像世の中、たとえ好意を抱く女性がいても、両思いの確証がなければ動き出せない男性は意外と多いもの。
そんな奥手男子たちが、「この子とは両思いだ!」と感じる瞬間を紹介します。

頻繁に目が合う

目は口ほどにものをいう、という言葉がありますが、気になる男性がいると、ついつい彼の姿を目で追いかけてしまいますよね。
実は、それは男性も同じです。
頻繁に目が合うということは、それだけお互いがお互いを意識している証拠と言えるでしょう。
目が合ったときに照れてしまうこともありますが、その時は照れ隠しに険しい顔をするのではなく、できれば笑顔を作れるとより効果的です。
あなたが自分と目が合って微笑んでくれることで、男性は「もしかして…」と感じるでしょう。

毎日メールや電話をしている

好きな相手とメールが続くとうれしいですよね。
メールのラリーが続き、「おはよう」「おやすみ」などの挨拶が習慣化してくると、男性は相手の女性を特別に感じるようになります。
大切なのは、やり取りの中でさりげなく好意を伝えること。
確信的な言葉がなくても、あなたからメールや電話を楽しみにしている素振りが伝われば、彼の「もしかして…」は日に日に確信に変わっていくでしょう。

毎回次のデートの約束ができる

相手との仲が深まってくると、ふたりで出かけるチャンスもあるでしょう。
しかし、数回デートをしただけでは両思いだと確信できない男性もいます。
そんな時は、毎回次のデートの約束を取り付けるようにしましょう。
「次は〇〇に行きたい」「次は〇〇を食べたい」とあなたから提案するのもOKです。
彼はあなたが自分とのデートを楽しんでくれていて、もっと自分と一緒にいたいと考えてくれている、と感じることができるでしょう。

第三者からの情報があった場合

ほぼ両思いなのに、なかなか彼に気持ちが伝わらない…そんな時は、第三者に協力を依頼しましょう。
心理学では、本人の口から伝えるよりも第三者を通して伝えた場合のほうが、印象に残りやすく信憑性も増しやすいとされています。
第三者を通して「あの子、お前のことが好きだってよ」と情報が回ってきた場合、男性は好意を寄せる女性と両思いであることを確信するでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。