大人女子のためのWebメディア
検索
2019年03月31日更新

男性が部下の女性から言われて恋心が芽生えた一言

男性が部下の女性から言われて恋心が芽生えた一言1画像ふとした一言で恋愛感情が芽生えてしまうのがオフィス。
指導したりフォローしたりすることが多い部下の女性に言われてときめく一言とは?

「やっぱり〇〇さん、さすがですね!」

自尊心をくすぐられると弱いのが男性ですが、部下の女性に言われて弱いのが「やっぱり、さすが」です。
上司と部下という上下関係があると、さすがと言われる程度では何も思わないものですが、そこに「やっぱり」が加わると違います。
「やっぱり」というのは、日頃から近くで見て知っているからこそできる発言。
この言葉が「さすが」につくだけで、ぐっと特別感が増します。
いつも一緒にいるという距離の近さを改めて意識することになるのです。

「〇〇さんに相談してよかった!」

これは「こんなこと、〇〇さんにしか相談できなくて…」というのと似ていますが、よりポジティブです。
相談をすることで頼り、結果として「よかった」という解決と助けられたという達成感につながります。
仕事での付き合いがベースにある場合は、自分がいないとダメだと思わせるより、一緒に頑張っていけそうとか、自分がかかわることで成長してくれそうと思わせる方がベターです。

「〇〇さんについていきます!」

心の中で思っていても、なかなか口に出すことがない「ついていきます!」はキュンとさせられるフレーズの代表格。
相手へ尊敬の念を伝えられるうえ、一緒に頑張るという意思表示もできる便利な一言です。
これを言われると、承認欲求が満たされ自信や安心感につながります。
一緒に過ごすことが心地よい関係だと認識しやすくなるので、急に仕事以外の場所まで視野が広がり、恋に落ちることがあるのです。

「またお願いしてもいいですか?」から「一人でやってみます」へ

得意先への同行や資料作成のアドバイスなど、何かフォローをしてもらったときに積極的に使いたい言葉です。
「〇〇さんのおかげで成功したので」という前段がある場合に使いましょう。
もちろん、いつまでもこれを言い続けるのは逆効果。
自信を持てたタイミングで「次は一人でやってみます」と宣言することが大切です。
毎回面倒を見ていた部下であれば、一人でやっていても何かと見ていたくなるもの。
急に自分の下から離れることによって、何だかそわそわ気になり、恋愛感情に発展することがあるのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。