大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

遠距離の彼氏と仲良くしたいけど喧嘩をしてしまう・・・

遠距離恋愛ではお互いの顔が見えない分、行き違いも多くなり喧嘩に発展してしまいますよね。
すぐに会えれば解決できることも遠距離恋愛の場合そう簡単にはいきません。
そこで遠くにいる彼氏と喧嘩してしまった時にすべき対処法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

遠距離の彼氏とはどうしてよく喧嘩をしてしまうの?

(1) 寂しさが募ってしまった時

LINEでブロックされているかを確認する方法4選1

なかなか会えない時が続くと「寂しい」思いで心がいっぱいになり、自分に余裕が持てなくなってしまいます。
2人で話し合い納得してスタートした遠距離恋愛なのに「○○くん最近冷たいね」と彼氏につっかかったような言葉を発してしまいやすくなる傾向にあります。
本心は「寂しい」という気持ちから始まっていても素直にならなければ彼氏にその思いは伝わらないので、結果的に喧嘩になってしまうことが多いです。

(2) 何かを決めなくてはいけない時や不安な時に近くに支えてくれる人がいない

部屋の窓際に座っている寂しい女性

人生には将来を大きく左右する決断を強いられる場面がたくさんありますよね。
例えば、就職するにしてもどんな職種を選ぶかで社会人生活が変わってくるので、そういった重大な決め事をする時に心の支えである彼氏がそばにいないことは大きなデメリットです。


また、自分がとても落ち込んでいる時などにそばで「大丈夫だよ」と励ましてくれる彼氏がいない時も同じく近くにいない存在である彼氏に対して「なんでそばにいてくれないの!」と強い不満を抱いてしまいます。
自分自身が大きな不安に包まれる時にそばにいないという理由で喧嘩になってしまうケースが考えられます。

(3) 2人の気温度差を感じてしまった時

遠距離の二人

例えば、自分は「遠距離でも毎週末会いたい」と思っていても彼氏の方は「疲れるから、1カ月に1回で充分」という意見を持っていると2人の間に温度差を感じますよね。
遠距離恋愛で大切なのはお互い頻繁に連絡したり、いつも会いたいと思う気持ちなので、こういった面で気持ちの差を感じると彼氏に対して「本当に私のことが好きなの?」と問い詰めたくなってしまいます。
女性に比べると男性は同じように愛情があっても、めんどくさがりであったり熱心でない傾向にあるので、考え方の違いで2人が衝突することになるでしょう。

(4) 記念日や誕生日に対する思い入れの差

誕生日

私たち女性は例え平日でも2人の記念日や誕生日なら、仕事を終えてからでも彼氏の元へ駆け付けたいという気持ちを持つものですよね。
一方男性の方は、記念日や誕生日の当日に絶対に会うべきとは考えていないようです。
「その日が近い時でも充分」だと考えているので「当日に祝うことに意味がある」と思っている女性とでかなり思い入れの部分で差が出てきます。
そういった差に気が付くと「どうして大切な日なのに」と彼氏に意見してしまうことになります。

(5) 連絡の頻度が合わない時

悩む

お互い大人なので、仕事をしているため連絡の頻度が合わない時はよくあるものです。
しかし、普通の恋愛なら休日のデートでそういったすれ違いをカバーすることができますが、連絡が命となる遠距離恋愛ではちょっとした行き違いから喧嘩になってしまいます。
例えば、仕事が終わってからずっとスマホを見て連絡を待っていても、彼氏の方は大忙しで帰るのが夜中になり「もう遅いから今日は連絡はやめよう」と判断したらあなたは「ほったらかしにされた」と感じるでしょう。
お互いの日々の生活のリズムや忙しさは違うので、なかなか会えない分気持ちがぶつかることになってしまう傾向にあります。

大好きな彼と喧嘩をした時に意外としがちなNG行動

(1) 一方的な連絡をしすぎる

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

喧嘩をした時は気持ちがカッカしているので、電話に出るまでかけ続けたり、LINEで「なんで○○してくれないの?」「もっと○○してよ」と既読にならないのに自分の気持ちをずっと送ったりすると彼氏の気持ちも冷めてしまうので注意しましょう。
逆な立場として考えると、スマホに不在着信がたくさんあったり、LINEの画面に文句がいっぱいあると嫌な気持ちになりますよね。
一時の怒りからこうして一方的に連絡すると相手を追い詰めてしまうので、気を付けてください。

(2) 相手のことを考えず急に会いに行ってしまう

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

喧嘩をしてしまったから直接謝りたいと考えるのは、一般的ですが遠距離恋愛の場合は急に会いに行くことでマイナスに展開することがあります。
普段の生活の中で会うことが難しい距離にいるので、連絡もなしに姿を現すといくら彼女という立場でも「いきなり来て怖い」と思われてしまいます。
例え彼氏が一切連絡に応じてくれなくても、いきなり会いに行くことは辞めて少し冷却期間をおいた方が仲直りしやすくなるかもしれません。
女性としては連絡なしに行っても謝れば丸く収まると思っていても、逆にその気持ちが重いと感じ取られてしまうでしょう。

(3) 相手をののしるような怒りのぶつけ方

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法3

先ほど、遠距離恋愛は顔が見えない分喧嘩になりやすいと言いましたが、それに加えて思っている以上の言葉を相手にかけてしまいがちです。
例えば、彼氏が急に仕事で会えなくなり喧嘩した時に「○○くんが仕事ができないからじゃないの?」「なんでこの日に出勤なの!あり得ない!」と想像以上に酷い言葉を投げかけてしまうでしょう。
その言葉を聞いた彼氏の表情までしっかり見ることができないので、そういった言葉がエスカレートしやすく、彼氏自身はまるでののしられている気持ちになり愛情が冷めていきます。

(4) 遠距離だからこうなってしまうなどのマイナスの言葉

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

今、遠距離恋愛をしているのなら2人の間でしっかり話し合いがあり、納得した上でスタートしていますよね。
もう決意したにもかかわらず喧嘩になると「遠距離恋愛だから○○くんとは上手くいかない」「遠くにいるから私の気持ちがわからないんだよ」と遠距離を理由にしてしまうと彼氏にマイナスなイメージを持たれてしまうでしょう。
「遠距離恋愛」は承知の上のことなので、それを喧嘩の理由にすることはある意味ルール違反も同然です。
「この人となら遠くにいても恋愛したい」と決意した気持ちを忘れないようにしましょう。

(5) 喧嘩の度に片方が会いに行って修復する

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法5

これは恋愛の上でどちらが主導権を握っているかによって違いますが、例えば男性ペースで恋愛しているのなら、いつも喧嘩になると女性が会いに行って頭を下げて「ごめんね」と言うことで収まるということが毎回パターン化しているのは良くありません。
この場合、彼氏は「喧嘩をしてもどうせ謝りに来る」と思って強気になり、喧嘩するリスクを甘く見てしまう傾向にあります。
どちらかが下手に出ることが当たり前になっているようでは、遠距離恋愛は長続きしないことを頭に入れておきましょう。

喧嘩をしてしまった後の解決方法

(1) 会って話をする

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

やはりお互い顔を見て解決したいのなら、実際に会って話し合うことがベストとなります。
この場合公平性を出すために会う場所は、2人のいる中間地点にしてどちらかが遠出することがないようにしましょう。
電話やLINEではわからなかった相手の気持ちも顔を見ることによって、ずっとわかりやすいものへと変わっていきます。
本当に愛情があるのなら、会う時には喧嘩をした後より気持ちが冷静になっているので言い合いになったりしないでしょう。

(2) 電話やメールではなくテレビ電話で顔を見て話す

遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法

どうしてもお互いの都合で会うことが難しい場合は、遠くにいても顔が見えるテレビ電話を使いましょう。
例えば、こちらが「あの時はひどいことを言ってごめんね」と言ったとします。
それに対して彼氏が「もういいよ」という言葉を使った場合に、「もう終わりにしよう」という意味で言ったのか「もう謝らないでいいよ」と好意的に言ったのか顔が見えればよくわかりますよね。
こうした言葉の受け取り方も顔さえ見えていればすべてがプラスに運んで行ってくれるので、テレビ電話も喧嘩の仲直りの時には使えるツールとなります。

(3) お互いのルールをきちんと決めておく

出会い系アプリで彼の結婚願望を確かめる方法

2人で遠距離恋愛をすると決めた時に一緒に色々なことを想定してあらかじめルールを決めておくと喧嘩した後でもスムーズに仲直りできるようになります。
例えば「デートをキャンセルした方が美味しい料理を1品作る」というルールを決めておけば、実際にドタキャンされても「次に○○作ってね」と声をかけることで喧嘩にまではなりませんよね。
できるだけ「まぁいっか」と思えるようなルール作りを心がけると何かあった場合に残念に感じることがあったとしても怒りを感じることはなくなります。

(4) 素直になり自分が悪い時はきちんと謝罪する

恋の黄色信号…彼のこんな言動には要注意!恋の終わりのサインかも2画像

普通の恋愛と違って遠距離恋愛は謝るタイミングを逃してしまうと、長引いて話がもつれてしまう傾向にあります。
すぐに解決することが難しくなるので、変に意地を張らずよく考えて自分が悪いと思った時は素直に「私が悪かったよね、ごめんね」ときちんと言葉にして伝えましょう。
意地を張ったり「私は悪くない」と頑固なものの考え方をしていると大好きな彼氏を失ってしまうこともあるので注意が必要だと覚えておきましょう。

(5) 何度も一方的な連絡はせずお互い冷静に考える期間を設ける

何度も一方的な連絡はせずお互い冷静に考える期間を設ける

特に女性は頭に血が上ると一気に言葉でまくしたてたくなりますが、そこはグッと感情を抑えてください。
遠距離恋愛をしていても結ばれている彼氏なら、喧嘩しただけで終わることにはならないので、あえて連絡をしないで自分の気持ちと向き合ってみましょう。
少しの間連絡をしなくても彼氏の方も色々考えてくれるので、お互い冷静になることができます。
気持ちを落ち着かせることで2人の話が仲直りへとスムーズに向かうでしょう。

遠距離恋愛を上手く活用して冷静に考えるとさらに距離が近づく!

私たち女性は、イライラするとつい彼氏を問い詰めたくなる感情に支配されやすいですよね。
お話ししたように一方的なことでは何も解決しないので、遠くにいることを逆手にとって落ち着いて冷静になる期間をしっかり作りましょう。
心の整理をきちんとしてから何でも話し合うことで2人の距離がグッと縮まるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

「なんで結婚しないの?」と言われ続け奇跡となる晩婚を果たしたアラフォーライター 自分でもできないと諦めていた結婚をした私が持っている独特の恋愛観が読んでくださる方の参考になると嬉しいです。 Twitter:@cvHkS3fzLlRwV7A
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 遠距離の彼氏との喧嘩は仲直りが肝心!喧嘩をしたあとの対処法
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。